最新コラム

2017年8月18日洋服

今話題のドレス・ワンピースが貸し借りできる新サービス「dress box」

『こんなファッションシェアサービスが欲しかった♡』 かわいい服がレンタルできるサービスがココ数年で増えてきましたが、借り

[記事の続きを読む]

スクエア

2017年8月17日美容内科医

睡眠こそ最高の“美容液”

「とても高級なスキンケア用品を使っているのに、なぜかいつも肌がボロボロ…。」「ニキビ治療に通院しているのに、いつまで経っ

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年8月11日コスメ

冷やしビタミンC、はじめました。@MEDIUSE 美白セット

夏の肌の火照りは冷やすに限る。私はビタミンCコスメを冷蔵庫で冷やします。 ビタミンCは熱に弱いので、この猛暑はin冷蔵庫

[記事の続きを読む]

img_8759-2

2017年8月10日美容内科医

サングラスはファッションではなくアンチエイジング

見た目の老化スピードは、紫外線を浴びた量で7~8割がた決まってしまいます。 紫外線を浴びると、肌の中に“活性酸素”が増え

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年8月5日クッキング・料理

BROOK’S ME-BYO CAFÉ ブルックスのオーガニック系カフェ

本年7月7日、BROOK’S green café 原宿店は『BROOK’S ME-BYO café (ブルックス ミビ

[記事の続きを読む]

img_8561

2017年8月3日美容内科医

ポテトサラダとマカロニサラダは“サラダ”ではない理由

“サラダ”の語源は、「塩」を意味するラテン語の“サルsal”と言われています。英語でも塩は“ソルトsolt”ですね。生野

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年7月30日コスメ

同時に『虫除け&日焼け止め 』しかも「オーガニック&ナチュラル」なコスメたち

近年、蚊を媒介としたデング熱や猛毒を持つヒアリなど、恐ろしい虫が都心にも現れるようになりましたね。もう「たかが虫」と甘く

[記事の続きを読む]

MAARO

2017年7月27日美容内科医

鍛えてよい表情筋、鍛えてはいけない表情筋

“顔のしわやたるみ対策に表情筋トレーニングが良い”と言われていますね。 しかし、逆に“表情筋のトレーニングをするとしわが

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年7月25日クッキング・料理

夏の冷え防止に、無農薬ノンケミカル肥料の玄米。

体力が消耗する夏場に、涼しく頂けるそうめんなどばかり食べていると、体が冷えて新陳代謝が下がってきます。 体を冷やさない玄

[記事の続きを読む]

img_6655

2017年7月20日美容内科医

正しい水分補給をしていますか?

健康のために水を飲んだ方が良いということは、みなさんご存知ですよね。 特に夏は水分が足りなくなって、熱中症になる人がいま

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年7月19日健康

夏のしみ対策*ビタミンC +(パントテン酸=ビタミンB5・L-システイン)

もうカンカン照りの日々&その反動で大雨。日本列島、自然の猛威です。 日差しも強く、そうとう紫外線を浴びてしまっていること

[記事の続きを読む]

シナール

2017年7月13日美容内科医

温泉に行かずに美肌になる方法

夏は紫外線が一年で一番強くなり、紫外線ケアをなまけてしまうと肌の老化が一段と進行してしまいます。 かといって、紫外線を完

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年7月6日美容内科医

夏バテで老化が進行する理由

夏バテの最大の症状と言うと、「だるい」「疲れやすい」「食欲がない」の三つではないでしょうか。夏バテは、自律神経のバランス

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年6月29日美容内科医

紫外線UVAとUVB。こわいのはどっち?

見た目の老化スピードは、その人が浴びた紫外線の量で7割がた決まってしまいます。   ところで、紫外線にはUVA

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年6月22日美容内科医

手の甲に年齢が表れるのはなぜか

見た目の老化現象と言えば、やはり顔のしみ・しわ・たるみが最初に思いつきますね。顔は紫外線を最も浴びやすい場所ですので、紫

[記事の続きを読む]

澤田彰史

2017年6月21日クッキング・料理

気温差が激しいほど、美味しい紅茶が生まれる。<ケニア茶>

紅茶といえば何を思い浮かべますか? イギリス? スリランカ? 伝統的な紅茶の産地とは違い、最近注目され始めたのがケニアの

[記事の続きを読む]

img_5893

美容天気TV

アンケート調査実施中!