ハワイでネイリスト、NYでジュエリーを勉強したRYOKOです^^

ジェルネイルが浸透する中、ハンドだけではなくフットもジェルネイルをする人は多いですよね。

私はジェルネイル大好きですが、フットはポリッシュでもいいと思っています。

その理由はまず、指の爪は10日で1mm伸びると言われますが、足の爪はその1/2 ~1/3位の速さです。

なので、1ヶ月経っても1mmくらいしか伸びず、また、足の爪はポリッシュでもはなかなか剥がれないので、 自分でもできるペディキュアとしては最適です。

サンダルを履くこの季節の間にデザインやカラーを何回か変えたいなと思ったら気軽に変えられます。

そこで!今日は自分でもできるペディキュアのカラーリングの仕方をご紹介します。 まず、プリパレーション(下準備)の方法から。

1. 足の爪をカットする

この時、爪切りを使うと、厚い足の爪は切る時の衝撃で2枚爪になりやすいです。手の指と同じ様にファイルを使うか、 あまりにも長い場合は、ニッパータイプの爪きりで、何回かに分けてカットするのをおすすめします。 その場合も、少し長めに切っておいて、ファイルで整えるのがベストです。

親指が巻き爪になってしまう人は、巻き爪をなくそうと切りすぎてしまいがちですが、これは逆効果。かえって巻き爪になりやすいです。巻き爪部分は切らず、 スクエアオフぎみに爪をカットして整えましょう。

2.甘皮を処理する

足の指の甘皮は結構しっかりとついています。きれいに処理するにはぬるま湯に足をつけてやわらかくしてからが一番。キューティクルリムーバーを つけてからプッシャーで押し上げ、キューティクルニッパーで余分な甘皮をカットするとさらにきれいに処理できます。

3.表面を整える

足の爪の表面は凹凸が出来やすく、ファイルで滑らかにしきれない場合や自分ではなかなかうまくスムーズにできない、 という場合は無理にファイルでととのえず、リッジフィラー(薬局などで販売)をベースに塗ることで凹凸をカバーしましょう。

4. 爪の油分、水分を除去

ポリッシュを塗るまえに 爪の表面の油分や水分を取り除くことが、長持ちするコツです。エタノールでふき取りましょう。

5.カラーリング

【コツは次の4つ】

・ポリッシュがドロドロになっていないか確認。さらさらの状態のもの(新しいもの)を使用する。

・ベースコートもトップコートも必ず塗る。その際爪の先端を必ず塗る。これでもちはさらにUP!

・パール入りのものはムラが出来やすく初心者にはおススメではないのでラメ入りをチョイス。

・すばやく塗る。足の場合はいかにサイドまできれいに塗るかよりもいかに見た目にきれいな形に見えるかが大事。サイドを完璧に塗ろうともたもたしていると ポリッシュが乾いてきて厚塗りの原因になります。

はみ出したら乾くまえにスティックを使ってはみ出し取りをします。

一番簡単で失敗が少ないデザインはラメグラデーション! 根元は塗らず、爪の中央くらいから先に向けて1回、そのさらに半分くらいから2回目、、と2、3回にわけるとキレイに塗れます 。

乾くまで少し辛抱ですが、速乾性のスプレーなど使えば時間も短縮できますよ。

万が一、厚塗りになっちゃった!よれちゃった!などという場合。ストーンを置くことで修正できるので焦らなくても大丈夫♪

この時期のおススメカラーですが、夏っぽい青でもいいのですが、私のおススメはビタミンカラー!! なんといっても夏にぴったりの元気の出る、オレンジ、イエローなどを使う事で普段手には出来ない派手ネイルもできちゃいます! スイーツパーツをのせてもかわいいかも^^

その際グルーをつけると落ちにくいです。

足のネイルは薄めの色だと映えないので、いつもより濃い目のカラーを選びましょう。

RYOKO :ハワイでネイリスト、NYでジュエリーメイキング 現在オリジナルネイルジュエリープロデュース中

http://ameblo.jp/kikihawaii-nja/


The following two tabs change content below.
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX