ふだんは気分が良いのに、月に一回くらい原因もなくイライラしたり憂うつになる…そんな経験はありませんか?

あるいは、“ふだんは穏やかなのに、月に一回くらい別人のように短気になる女性”が身の周りにいませんか?

 

 
今までこういった症状は、「生理前だからしかたがない。」とあきらめられていたのですが、最近これが女性ホルモンと関係していることがわかってきました。

生理前の「頭痛・胸の痛み・ニキビ」といった“からだの症状”と、こういう「イライラ・憂うつ・無気力」といった“こころの症状”を合わせて、『月経前症候群 Pre-Menstrual Syndrome(PMS)』と呼びます。

50~80%の女性がPMSを経験すると言われています。

しかし、PMSの自覚はおろか、PMSそのものを知らない人もまだまだ多いのです。

PMSがひどいと、仕事や勉強が手につかなくなったり、人間関係に悪影響を及ぼしたりします。
まして、男性は女性の生理はわかりませんから、PMSが原因で別れるカップルも多いようです。

 

 

月経の前後で、女性ホルモンの分泌量が大きく変動することがPMSの原因です。

そのため、PMSはどんな女性にも起きうるのですが、「超低用量ピル」でホルモンバランスを安定させると、PMSの症状をやわらげられることがわかっています。
“ピルを飲むと太る”などといった都市伝説がありますね。
これは、ピルを飲みはじめたときに一時的にむくむことがあるためです。
超低用量ピルは基本的にきわめて安全性の高い薬です。

「イライラするのは生理前だから仕方ない…。」とあきらめずに、「もしかしてPMSかも?」と思ったら婦人科を一度受診してみてください。

保険が利く場合もありますので、必ず保険証を持っていきましょう。

 

 

超低用量ピルによって、生理前のニキビも改善できます。
ニキビがながびくと、シミになり、ますますストレスになってしまいます。

PMSに関する正しい知識を持っているかいないかで、肌も変わってしまいます。

アンチエイジングと同じですね。

 

 

 

「ぐ~たらな私の はじめてのアンチエイジング」(総合法令出版)web用表紙画像

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。

日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」、NHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」、TBS「はなまるマーケット」、テレビ朝日「モーニングバード」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「週刊女性」「日刊ゲンダイ」のアンチエイジングの記事も担当。

また“賢くむだなくシンプル・アンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務めている。

新著『ぐうたらな私の はじめてのアンチエイジング』(総合法令出版)も好評発売中。

 


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX