ある調査によると、現代女性の70%もの人が『自分は敏感肌である』と認識しているそうです。

…そもそも、『敏感肌』とはなんでしょうか?

 

実は、敏感肌という言葉は定義がありません。では、自分を敏感肌だと思っている方はどうして自分を敏感肌だと感じているのでしょうか?

 

アトピー肌、ニキビ肌の人や、紫外線ですぐに赤くなる肌の人もいれば、過去に化粧品でささいな肌トラブルを起こしたことがあるだけの人もみな「敏感肌だ」と思っているようです。

 

理由はどうあれ、共通した原因は実はほぼすべて“乾燥”です。

 

皮膚は『セラミド』と呼ばれる皮脂と水分が絶妙なバランスで組み合わさって、“バリヤー機能”を作っています。

 

乾燥して『セラミド』が減ってしまうと、水分を保つことができなくなり、バリヤー機能が低下します。すると、雑菌や黄砂・花粉などの外部刺激に対する抵抗力が弱くなります。

このように、抵抗力が弱まった状態を“敏感肌”と呼んでいるのです。

こうなると、通常なら使っても問題ないはずの化粧品の成分に対して赤みが出たりもします。

 

セラミドが生まれつき少ない肌質の究極がアトピーです。

また、セラミドが減って水分が減る代わりに、皮脂の分泌が過剰になる肌質の人が、ニキビ肌です。

どちらも共通した原因は、やはり“乾燥”です。

 

セラミドを外側から補うことが一番大切です。

また、皮膚に浸透してビタミンCに変身し、肌のサビつきを抑える『ビタミンC誘導体』も皮脂の分泌を抑え、乾燥を改善してくれます。

もう一つ有効なのが「ホホバ油」「オリーブ油」「アボカド油」などの『植物性オイル』です。

 

『セラミド』『ビタミンC誘導体』『植物性オイル』もきちんと含有したローションやクリームを使うことが敏感肌を改善する近道なのです。

 

こういったアイテムは以前まで美容クリニックなどでしか購入できず、値段も高かったのですが、最近はネットなどでも少し安く買えるようになってきました。

 

僕自身はというと、顧問先のARGON社のドクターズコスメを使っています。

 

 

澤田彰史 医師

 

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。

「ぐ~たらな私の はじめてのアンチエイジング」(総合法令出版)web用表紙画像日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」、NHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」、TBS「はなまるマーケット」、テレビ朝日「モーニングバード」などテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「週刊女性」「日刊ゲンダイ」のアンチエイジングの記事も担当。

また“賢くむだなくシンプル・アンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務めている。

新著『ぐうたらな私の はじめてのアンチエイジング』(総合法令出版)も好評発売中。

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX