こんにちは。ボディーワーカーの常川明子です。

毎日梅雨の時期でジメジメムシムシ暑くなってきましたね。

今の季節は体温の調節がとても難しい時期です。そして独特のパターンに陥りやすくなります。

実は今は女性のみならず男性も相当冷えているな~と年々感じます。

★暑いから冷たい飲み物ばかり取りたくなる

すると、身体の内側では処理が追い付かず水分代謝がスムーズに出来ず体が妙に重だるくなる、胃腸が調子悪くなる。

★クーラー付けて外側から冷やしたり、扇風機を直接浴びたりすると

体内温度調節が追い付かずぎっくり腰やぎっくり背中、ぎっくり首、足がつったり、

身体の筋や骨が冷えてしまう現象が起こります。

表面だけが冷えれば贅肉を付けるという事でカバーして守ろうともします。

そしてその中でも今回は深刻な状況を招きやすい女性には大敵なくるぶし周りの冷え!!!

20120403

ミニスカート着ないから関係ないわ!って事もないです。私もジーンズでも足首だけは出ている事が結構多い!

くるぶし周りが冷えるということは、子宮や卵巣の血流を自ら悪くしているということです。

生理痛や子宮のトラブル、不妊にまで繋がる可能性が高い重要な場所です。

 

★これって良く言うけどホント???って言う方に・・・

●マッサージしていて足首の冷えが気になる人に確認すると、90%くらいの確率で

月経トラブルと抱えていると回答が返ってきます。

→1ヶ月試しに冷やさないようにお願いすると改善がみられ実感する人がほとんどです。

●産後のマッサージしている時くるぶしどこ?っていうくらい足首周りのむくみが出る人が多いです。

産後独特のむくみですが、これも子宮や卵巣に直結しているからこその象徴だと実感します。

 

でも、夏なので素足でいたり、サンダル履いたりしたいものです。

そこでオススメは家に帰ったら、なるべく、くるぶしは暖める事を意識してあげてください。

薄手のレギンスや靴下を寝るまで履いていたり、足湯をしてくるぶしを温めたり。

お風呂上がりにマッサージしたりと少しだけでも敏感になってあげることで予防は可能です。

テレビを見ながら、雑誌を読みながら、少しツボを刺激してあげてください。

太谿(タイケイ)

内側のくるぶしの中心とアキレス腱の中央の凹んでいる部分です

婦人科疾患や生理痛の痛みや違和感、腰痛、冷えに効果的なツボです

100

三陰交(サンインコウ

内くるぶしから上に指四本分のところ脛骨の際のところ

冷えや婦人科系疾患、不妊予防のツボとも言われる程です。

33

どれも代表的なものですが、神経質になりすぎる事はないと思います。

でも、自分の身体の状態に目を向けて上げる事が何よりも大切!

暑いし、汗が出るから冷えとは無縁という事はありません。

男性でもこの時期はぎっくり腰やぎっくり背中、ぎっくり首どこでも突然やってきます。

日頃から冷えに敏感になっていれば未然に防げる事が多い、アクシデントのようなものです。

暑い季節がやってくるからこそ冷えに注意して楽しいサマーライフを過ごしましょう!

 

AromaSalonPrana ~アロマサロンプラーナ~
http://www.prana-prana.com
info@prana-prana.com
身体から心理状態を読み取るボディーリーディングとデーターに基づいて読み取る占星術アロマセラピー
のセットは当店独自コースです。きっと新しい発見や今後の貴方の未来を明るく照らす事ができる
ヒントが沢山つまったセッションになります。是非気軽に体験してみて下さい。


The following two tabs change content below.
常川明子
米国EMBA認定エサレン®プラクティショナー 心理学と解剖学を融合したオイルトリートメントを主として自分自身でも気が付かない 心の癖に自ら気が付いて行けるようにボディーリーディングを視野に入れた 独自セッションを展開。 同時に産婦人科での心と身体の産後ケア―を含めベビーマッサージで バーストラウマの存在を伝え続けています。 身体から心を整えて行く今までにない発想で多くの著名人を顧客に持つボディーワーカー。 http://www.prana-prana.com
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX