「脂肪」というと、肥満の原因になったり、コレステロールの元になったりすることから、とにかく「悪いもの」というイメージがありますね。

しかし、脂肪はたんぱく質や糖分にくらべてエネルギー効率が高いため、人間の体は飢餓に備えて、せっせと体内に脂肪を溜め込みます。

もしも脂肪が全然なかったら、飢餓状態になったとき、真っ先に死んでしまいます。

脂肪は、人間の大切な「エネルギー貯蔵庫」なのです。

ただ、現代では飢餓状態に陥ることはほとんどなく、むしろ脂肪が余りすぎてそれが健康に問題を起こしているだけのことです。

人間が脂肪分を口に入れた場合、「脂肪酸」というものに分解されて腸から吸収されます。

コレステロールには、「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」があるのは有名ですが、この脂肪酸にも“良い脂肪酸”と“悪い脂肪酸”があります。

“良い脂肪酸”は「善玉コレステロール」を増やし、血液をサラサラにします。

“悪い脂肪酸”は「悪玉コレステロール」を増やし、反対に血液をドロドロにしてしまいます。

良い脂肪酸とは、魚の油に含まれている「DHA(ドコサヘキサエン酸)」と「EPA(エイコサペンタエン酸)」がその代表です。

血液サラサラ効果で有名ですね。

逆に、悪い脂肪酸の中でも最悪なのが“トランス脂肪酸”というものです。

トランス脂肪酸は、マーガリン・ファーストフード・スナック菓子・ドーナッツ・ケーキ・菓子パンなどに多く含まれています。

牛肉・豚肉・鶏肉にも少量ながら含まれています。

だからといって、魚だけを食べていればいいというわけでもありません。

エスキモーの人々は、魚油のDHAやEPAが豊富な海産物を多く摂っているため、確かに心臓病は圧倒的に少ないのですが、ほとんどお肉や野菜を食べず、逆に脳卒中が非常に多いと言われています。

大切なことは、偏りのないよう、魚も肉もバランス良く食べることです。

魚:肉=1:1をめざしましょう。

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】
東京警察病院医師。
NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。
警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。
日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。

医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】
http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX