晩秋という言葉がふさわしくなってきました。

この時期、新しく保湿用のスキンケアを購入し始める方も多いと思います。

洋服の衣替えと同じく、化粧品も季節に合わせてチェンジしましょう。

 

この時期のお肌は

冷えからくる血行不良や外気の乾燥が原因で、肌の水分を維持する力も保護力も低下します。

マッサージで皮膚表面の血行を良くしたり、保湿成分の多く配合された美容液やクリームを使うなど、今までのスキンケアにプラスαを加えていきましょう。

 

【洗顔料のチェンジ】

以前、角質ケアについてお話ししたときに、クレンジングと洗顔のポイントをお伝えしました。(参考http://www.b-10.net/?p=14509

私は年中、朝晩ジェルクレンジングと三面すすぎを実践しています。ですが、時々洗顔方法を変えています。

 

この季節は就寝中の汗が意外と多いと思いませんか。就寝前に部屋を暖めたり、寝具も寝間着も保温ができるようになっています。ついつい暖かくしすぎて汗をかくこともあります。

就寝中の寝汗や皮脂をすっきりと落とすために、石鹸で洗顔をすることもお勧めです。

石鹸はフォームや液状の洗顔料に比べ合成界面活性剤による刺激が低いことと、保湿のための合成の保湿剤を過剰に含んでいないことが優れている点だと思います。

「肌の余分な汚れや過剰な皮脂を取り除いた」状態で、スキンケアをすると良いでしょう。せっかくの保湿効果の高い化粧品を使うなら、肌が受け入れやすい状態を作ることも大切です。

肌コンディションを自分で感じながら間近にせまる冬に備えたいですね。

 

私は中国ならではの中医の考えに基づいたハーバル石鹸を使用しています。顔を洗いながら柔らかい香りで心もなごみます。コールドプロセスという手作りで作られているため天然成分をしっかりと残していて、キシキシするようなツッパリがなく使用感もとてもいいです。

soap

 

石鹸を選ぶときには「枠練り」や「コールドプロセス」といった製法で作られているものがおすすめです。

秋のお肌に合った、お気に入りの石鹸を探してみてはいかがでしょうか。

 

参考商品 &flow  (http://and-flow.com

 

 

AEAインターナショナルエステティシャン

井上美季

 


The following two tabs change content below.
井上 美季

井上 美季

AEAインターナショナルエステティシャン / カラーアナリスト。大学卒業後、エステティシャンとしてエステサロンに入社。その後エステティックインストラクターとして勤務。 2009年より上海にて、化粧品会社の駐在員として勤務し、中国国内で美容関連の教育等を担当する。退職後は、Esthetique & color Beautiful Seasonを主宰し、スキンケアレッスンなどを開催。 上海の日系エステサロン勤務を経て、米系クリニック内で美容顧問として勤務。 「心からの美容」「心へ効く美容」をモットーとしている。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX