秋もだんだん深まり、乾燥が気になる季節になってきましたね。

実は、パンも乾燥が苦手です。

パンを作っている過程で、生地がエアコンの風に当たったり、窓が開いていたりすると

生地の表面が堅く乾燥していまい、その後上手に膨らんでくれません。

はじめのこねがとてもよく仕上がっていても、途中でこのようなことが起きれば

その生地はもう美味しくなくなってしまいます。

ですからできるだけ乾燥しないように、生地の上に濡れふきんをかけ

乾燥を防いだり、丸めや成形の作業を手早くします。

パンもお肌も潤いが大切です。

 

秋の食べものの中にも肌に潤いを与えてくれる食べものがあります。

それは“りんご”です。

 

 _CSC0085

 

昔から“りんご一日一つで医者を遠ざける”といわれているようにりんごにはさまざまな効能があります。

 

りんごに含まれるペクチンという成分がコレステロールを吸収し排泄を促す

コレステロールを減らす効果がある

 

りんごに含まれるカリウムという成分が過剰になったナトリウムの排泄を助け、血流を改善

血圧を下げる効果がある

 

皮の部分に食物繊維が多い

腸の消化、吸収を促し整腸作用がある

 余分なコレステロールや食品添加物などを便と一緒に体外に排出する作用があり、生活習慣病を防ぐ

 

身体のサビを防ぐポリフェノールという成分が肌にシミの元を抑制する働きがある

美肌・美白効果

 

りんごに含まれるクエン酸が身体を疲れさせる「乳酸」を減少させる働きがある

疲労回復に

 

中医学的にりんごをみると

肺を潤して、体内の水分の熱を冷まし、正常な水分を増やす

身体が乾燥しないように働きかけてくれます→肌に潤いを与える

 

体内の必要な水分の排出を止めて、通便を良くする

消化不良や便秘に効果がある

 

今月はそんなりんごをを使って「シナモンアップルロール」

シナモンのアクセントがりんごの美味しさををより一層引き立てます。

 

食物繊維が多いため胃腸の弱い人は食べすぎに気をつけ

乾燥に負けない身体を目指しましょう。

 

 

 


The following two tabs change content below.
宇佐美 のぞみ

宇佐美 のぞみ

調理師免許、パン講師の資格を持ち、新潟県では「のんびりゆっくり自分時間を楽しもう、おうちで作れるパン」  をテーマに自宅にてパン教室を主催  2012年より上海在住、上海中医薬大学にて中医の基礎を学び、その後薬膳インストラクターの資格を取得  身体にいい、美味しい料理を日々研究している
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX