“ダニ”と一口に言っても、多くの種類のダニがいます。

病原菌を運び、ライム病・日本紅斑熱・ツツガムシ病などといった疾患を引き起こす、「マダニ」や「ツツガムシ」や、寝ている間にふとんに入り込んで太ももや脇などを刺す「イエダニ」などが悪名高いですね。

これらマダニ・ツツガムシは基本的に野外に生息しており、野生の動物に寄生しています。たまたま山や草原などにレジャーに訪れた人が刺され、数日後に皮疹などの症状が出るのです。

また、「イエダニ」も基本的にドブネズミに寄生しており、“家”にはいません。たまたまネズミの巣から人間の住宅に侵入して、夜間に人間を刺すことがあるのです。

 

では、畳やじゅうたんによくいるダニは何ダニでしょうか?

それは、「コナダニ」や「ヒョウヒダニ」です。実は、これらは人を刺しません。しかし、畳やじゅうたんを不潔にしていると、これらのダニが増えすぎてしまい、その場合に人間にアレルギー反応を起こさせる原因物質となってしまうので、問題となるのです。

 

そして、コナダニ・ヒョウヒダニよりももっと、私たちに身近と言えるかも知れない存在が“ニキビダニ”です。

ニキビの膿みの中身を見てみますと、ニキビの原因菌である『アクネ菌』がほとんどを占めていますが、それだけではなく、真菌(カビの一種)である『マラセチア菌』もいますし、中には『ニキビダニ』というものも含まれている場合があります。

しかし、これらはいずれもめずらしい菌というわけではなく、日常的に私たちの身近にいて、誰の顔にもいると思ってまちがいありません。

ちなみに、小さすぎて肉眼では見えません。

 

しかし、ストレスが強かったり、免疫力が下がったり、乾燥肌が続いたり、寝不足が続いたりすると、肌の抵抗力が下がってしまい、これらの菌が増殖してニキビなどの原因となるのです。

これらの菌を完全になくそうとして、過剰に神経質になる必要はありません。

日頃から睡眠をきちんととり、ニキビができないよう肌をきちんと保湿し、清潔に保つことと、肌の抵抗力をつけておくことが何より大切なのです。

 

 

 

「ぐ~たらな私の はじめてのアンチエイジング」(総合法令出版)web用表紙画像

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。

日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」、NHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」、TBS「はなまるマーケット」、テレビ朝日「モーニングバード」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「週刊女性」「日刊ゲンダイ」などのアンチエイジングの記事も担当。

“120歳まで美しく、健康に生きよう!”をがモットー。

著書『ぐうたらな私の はじめてのアンチエイジング』(総合法令出版)も好評発売中。

 

 


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX