人間の腸の中には、およそ100~1000兆匹の腸内細菌が住んでいます。重さにして約1kgです。人間の体は約60兆個の細胞でできていますから、人間は自分の細胞の数よりももっと多い、腸内細菌を腸の中で“飼っている”のです。

 

さて、一口に腸内細菌と言っても二種類います。

カンタンな話で、私たちの体によい働きをしてくれる“善玉菌”と、逆に人体に悪さをする“悪玉菌”の二種類です。

 

悪玉菌が多いと便秘になりやすくなったり、大腸がんや炎症性疾患にもなりやすいことがわかってきました。

それだけではなく、悪玉菌が多いと高血圧になったり、コレステロールが高くなったり、糖尿病になりやすくなることもわかってきました。

さらに、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の原因にもなることや、ニキビの原因にもなることまでわかってきました。

 

そして、“肥満”とも関連していることもわかったのです。

 

あなたが健康に過ごせるかいなかは、腸内細菌で決まると言っても過言ではありません。

 

では、腸の中の善玉菌を増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

方法は二つあります。

一つは、善玉菌の“増援部隊”を腸に送り込んでやる方法です。口から摂取できる善玉菌の代表は、ビフィズス菌と乳酸菌です。

 

もう一つの方法は、善玉菌の“えさ”を増やす方法です。善玉菌は“食物センイ”をえさにして増殖します。

食物センイが不足すると便秘しやすくなります。便秘は食物センイ不足のサインともいえます。

あなたは便秘していませんか?

 

腸がきたないと、肌もきたなくなります。

毎日乳製品を摂取することも大切ですが、食物センイも摂るようにしましょう。

 

 

「ぐ~たらな私の はじめてのアンチエイジング」(総合法令出版)web用表紙画像

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。

日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」、NHK-BSプレミアム「女神ビジュアル」、TBS「はなまるマーケット」、テレビ朝日「モーニングバード」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「週刊女性」「日刊ゲンダイ」などのアンチエイジングの記事も担当。

“120歳まで美しく、健康に生きよう!”をがモットー。

著書『ぐうたらな私の はじめてのアンチエイジング』(総合法令出版)も好評発売中。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX