あなたは冬でも紫外線ケアをしていますか?

「7~8月しか日焼け止めは塗っていません」っていう人も多いですね。しかし、実はこれは大まちがいです。

真冬の11・12・1・2月は紫外線は少ないといっても、真夏の20%の紫外線が降り注いでいるのです。もしスキーやスノーボードで雪山に行ったりすれば、紫外線が雪で反射するので、あっという間に増幅し、結局は皮膚にダメージを与えます。たとえ、街の中でも、アスファルトやビルに反射して紫外線は容易に増幅します。

シミやしわの量は、その人が浴びた紫外線の総量でほぼ決まります。紫外線から受けたダメージが皮膚のDNAを傷つけ、それがシミ・しわの原因になるからです。

紫外線は一年中ケアしないといけません。小さなケアの積み重ねの差が、のちのちに“見た目の老化の差”となって現れます。冬だって、日焼け止めは塗りましょう。ウィンタースポーツをする際には絶対です。

一度受けてしまったダメージを回復するには、ビタミン誘導体しかありません。ビタミン誘導体は、美容クリニックなどで扱われている、いわゆる“ドクターズコスメ”にしか入っていません。

非常に効果がありますが、残念ながら値段も高価なのが難点です。

 ARGON『Pro-VCローション』ARGON『Pro-ACEクリーム』

僕が顧問をしているARGON社の『Pro-VCローション』と『Pro-ACEクリーム』には、高級ドクターズコスメと同様の『ビタミン誘導体』が入っていながら、通常の1/2~1/3程度の価格になっています。

「紫外線による肌の老化が気になるけど、あまりお金はかけられない…。」という方には非常におすすめです。

僕自身もすでに5年以上にわたって、このふたつを併用させていただいていますが、肌のコンディションは非常に良好です。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格でも購入できます。)

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】
東京警察病院医師。
NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。
警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。
日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。

医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】
http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX