こんにちは
ボディーワーカー常川明子です。
ジメジメムシムシの季節がやってきましたね。
今日は「スメハラスメント」と言われる程、気を付けておきたい体臭についてのお話です。

 

最近話題の第三のニオイを御存じですか?
30代~40代の仕事も遊びも思いっきり楽しんでいる中間世代特有のニオイ


その名も「ミドル脂臭」・・・ 
後頭部や頸部から発生する汗と油の混じった独特の香り


「汗臭」
でもなく「加齢臭」でもなく体内から空気中に一番拡散されやすく
口臭の原因成分や足臭の原因成分より臭く、周囲から不快だと思われやすいニオイと言われています。
どこまでくさいのか?って思うと怖いですね。
表現はそれぞれですが「廃油のニオイ」とか「しなびた商店街の商品のニオイ」など、
加齢臭の100倍におうとも言われています。
香水やボディークリームでごまかしたとしても、実は臭いは消える事はなく、
それらと混ざり合い、さらに悪臭へと変身する可能性が高いと言われるほど厄介。

香り


<成分の違いは?>
加齢臭の原因物質=「ノネナール」
皮脂の酸化分解をする事により発生します。
体内の酸化によるもので50代~耳の後ろあたりは要注意と言われます。

ミドル脂臭の原因物質=「ジアセチル」
汗に含まれる乳酸が頭皮に住むブドウ球菌より代謝分解されて発生します。
ジアセチルが皮脂と共存する事により更に臭いは悪化します。
後頭部付近から臭うので自分では気づきずらいのも特徴です。

 

しかも、ミドルなので30代前半は20代の汗臭と交じり、
40代後半は加齢臭と混ざる可能性があるという、知れば知る程厄介なミドル脂臭

 

男性だけのものと思いがちですが
ストレス社会に生きる女性もミドル脂臭は無視できないものになってきています。

 

自分では気づきずらいので、枕の臭いをチェックしたり、洋服の臭いをチェックするなど
あなたは大丈夫?まずはチェックしてみましょう。

 

<注意する基本的なポイント>
★お風呂タイムを大切に
ミドル脂臭だけでなく、汗腺を鍛える事は大切です。
汗腺機能が悪くなると濃い汗をかきやすくなりニオイの原因になります。

Woman washing her hair

★丁寧な洗髪を心がける
後頭部を含めしっかり髪の毛、頭皮を洗い、時にはスカルプケアーを入れて皮脂のつまりを予防。

★生活習慣に気を付ける
お酒飲みすぎ、ストレス、睡眠不足、喫煙は臭いの元を作るので、特に注意しましょう。

★食生活の改善
女性は「ダイエット臭」や「空腹臭」という言葉があるくらい栄養と体臭は密接です。
バランス良い食生活を心がけましょう。(ビタミンCとEを摂取)

ミドル脂臭専用のボディーソープやシャンプーもあります。
ストレス過多の時はミドル脂臭もMAXです。専用のアイテムで助けてもらいましょう。

 

<アロマを使った予防>
レモングラス
皮脂の分泌を調整し、毛穴を引き締め頭皮が脂っぽい人にも殺菌作用もあり有効です。
男性ホルモンの調整にも効果が期待できる、さわやかな香りです。

シダーウッド
リンパの流れを良くし脂肪の蓄積を抑える作用もあります
過剰な皮脂分泌や脂性肌の人にも効果があります。
頭皮の皮脂分泌調整、フケや脱毛予防にも期待できます。

アロマばす

その他:ミドル脂臭には桂皮・甘草・フラボノイド等が効果的ですが

ラベンダー・ローズウッド・ユーカリ等も効果が期待できると思います。
人間らしい香りは人工的な香りより個人的には魅力を感じます。
でも、スメルハラスメントにならないように、上手に天然の香りアロマ等を使って
この季節少しだけ注意して、快適なサマーライフを満喫しましょう。。

 


The following two tabs change content below.
常川明子
米国EMBA認定エサレン®プラクティショナー 心理学と解剖学を融合したオイルトリートメントを主として自分自身でも気が付かない 心の癖に自ら気が付いて行けるようにボディーリーディングを視野に入れた 独自セッションを展開。 同時に産婦人科での心と身体の産後ケア―を含めベビーマッサージで バーストラウマの存在を伝え続けています。 身体から心を整えて行く今までにない発想で多くの著名人を顧客に持つボディーワーカー。 http://www.prana-prana.com
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX