梅雨が明け、本格的な夏になりました。

意外なことに、夏は血のめぐりが悪くなりやすい季節だとご存じですか?

 

体質によって異なりますが、

 * 大量に汗をかくことによって、血液がドロドロになる

 * 夏バテや運動不足によって、めぐらせる力が不足する

 * 冷房や冷たいものの摂り過ぎで、冷えて血行が悪くなる

などが主な原因です。

 

血のめぐりが悪くなると、慢性的な冷え性や肩こり・生理痛の原因になるだけでなく、くすみ・シミ・クマなどの肌トラブルにもつながります。夏の不調は冬にも影響しますので、今のうちにめぐりの改善をしておきましょう。

 

そこでおすすめなのが、ナス、ピーマン、みょうが です。これらには 血液をサラサラにして血行をよくする 働きがあります。

ナスとみょうがは熱を冷ます食材、ピーマンは温めも冷ましもしない食材です。夏野菜全般に言えることですが、冷えが気になる場合は生食を避け、生姜やネギなどの薬味をうまく活用しましょう。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ナスとピーマンと豚肉の みょうが味噌炒め

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の体力作りに欠かせない豚肉と、余分な熱や水分を追い出す働きのある味噌を使った、夏にぴったりの炒めものです。

味噌も体の熱を冷ます食材なので、体を温める生姜を加えています。体質や体調によって調節してください。

 

 

【材料(2人分)】

豚バラ肉   150 g

ナス   1本

ピーマン 2個

みょうが 1個

生姜   1かけ

味噌   大さじ1

酒    大さじ2

砂糖   小さじ1

塩胡椒  適量

 

【作り方】

1.みじん切りにしたみょうが、すりおろした生姜と、調味料を混ぜ合わせておく。

2.豚肉とピーマンは食べやすい大きさに切り、ナスは乱切りにして水にさらしてあく抜きする。

3.豚肉、ナス、ピーマンの順に塩胡椒でさっと炒め、調味料を加えて水分が飛んだら完成。

 

※ピーマンと効能がほぼ同じパプリカを使うと、彩りが綺麗です。

 

 

旅行やイベントが多く活動的になる夏ですが、暴飲暴食や不規則な生活も血のめぐりを悪化させる原因のひとつです。健康的な食事や睡眠をしっかりとって、夏を元気に過ごしたいですね。

 

 

 


The following two tabs change content below.
森真弓

森真弓

薬膳インストラクター。 会社員時代に体調改善のために東洋医学に出会い、薬膳の道に進む。 2011年から3年半、中国上海に居住。その間に上海中医薬大学などで中医薬膳を本格的に学び、「薬膳インストラクター」資格を取得。 月に一度、上海伊勢丹にて薬膳イベントを開催していた。 2014年10月より香港在住。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX