昔から「酒は百薬の長」と言われていますが、これは本当なのでしょうか?本当だとすると、お酒に弱い人は不利ということになってしまいますね。

 

 

アルコールは、肝臓で分解され「アルコール」→「アセトアルデヒド」→「酢酸」→「二酸化炭素+水」へと代謝されていきます。顔が赤くなったり、気分が悪くなったりするのは、途中の分解産物である「アセトアルデヒド」のせいです。

お酒に強いかどうかは、このアセトアルデヒドの分解能力で決まります。お酒を飲んですぐに顔が赤くなる人は、アセトアルデヒドが分解しきれていない証拠なので、お酒が弱い人であるということがわかります。

アセトアルデヒドの分解能力は遺伝子で決まりますので、残念ながら、お酒に弱い人が“飲んで強くなる”ということはあまりありません。

ちなみに日本人の10人に一人はまったくお酒が飲めません。

すぐに顔が赤くなる人は、お酒は控えた方がいいでしょう。また、そのような人に決してお酒を強要してはいけません。

逆にお酒が強い人は、アセトアルデヒドをどんどん分解できるので、顔が赤くなることもなく、気分が悪くなることもなく、お酒が飲めるわけです。

 

 

実はアセトアルデヒドは、人体をサビつかせていく有害物質で、お酒を飲まなくても体内に発生してしまっています。

お酒以外だと、脂肪が活性酸素によってサビついて、アセトアルデヒドが発生するのです。いわゆる加齢臭の原因もアセトアルデヒドの仕業です。

…となると、そんな有害な体内のアセトアルデヒドを分解するパワーが強い、酒豪のほうが、人体のサビつきがおさえられて長生きできるのでは?と考えられますね。

実は、その可能性を示す発表が2003年にありました。

なんと「お酒を飲めない人は、飲める人に比べてアルツハイマー病に1.6倍もなりやすい」というのです。アルツハイマー病は脳がサビつくことで発生します。

 

 

また、長寿の人が多い沖縄の人もお酒が強い人が多いと言われています。つまり、「酒は百薬の長」というのは、“お酒が体に良い”ということではなくて“お酒が強い人、つまりアセトアルデヒドを分解するパワーが強い人がアンチエイジングに有利である”ということだと言えそうですね。

 

僕自身もビールが大好きで毎日飲みますが、最近はコスパと糖質の点から糖質オフの発泡酒が多くなりました。

 

 

【著者 澤田彰史 医師 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「はなまるマーケット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」「駆け込みドクター」、テレビ朝日「モーニングバード」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

 

また、“かしこく・むだなく、シンプルアンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメやドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務める。

ほうれい線_カバーラフ2

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)も好評発売中。

 

 

 


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX