お散歩が気持ちいい季節になってきました。

日中はまだ暖かく、歩くと汗ばむくらいです。

反対に朝晩は気温が下がり、布団が恋しくなってきましたね。

季節の変わり目、体調はいかがですか?

 

 

今月のお勧めは『いちじく』です

秋の果物の中でも不老長寿の食べものとして好まれています。

 

 _DSC1050

 

『いちじく』の歴史は古く、古代エジプトの壁画にもかかれているそうです。

日本には、江戸時代に中国から長崎に渡来し、その時代では薬用として

使用されていたそうです。

 

『いちじく』に含まれるカリウムが身体の余分なナトリウムを排泄するので

血圧を下げるはたらきがあります。

また、食物繊維が豊富で、その中のペクチンという成分が大腸のはたらきを

活発にしますので、胃腸の調子を整え、便秘にも効果があります。

 

『いちじく』には、消化酵素が含まれていますので、胃腸の調子が

悪いな、なんて思う時には選ぶようにしましょう。

消化酵素の成分のひとつ、フィシンがタンパク質を分解する酵素で、

消化を促してくれます。

 

中医学的には、身体の余分な熱を冷まし、痛みや熱を和らげたり、潤いを与える

効果もありますので、空咳などにもよいとされます。

 

 

乾燥が気になる季節、季節に合った美味しいものを上手に取り入れましょう。

 

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
宇佐美 のぞみ

宇佐美 のぞみ

調理師免許、パン講師の資格を持ち、新潟県では「のんびりゆっくり自分時間を楽しもう、おうちで作れるパン」  をテーマに自宅にてパン教室を主催  2012年より上海在住、上海中医薬大学にて中医の基礎を学び、その後薬膳インストラクターの資格を取得  身体にいい、美味しい料理を日々研究している
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX