こんにちは。ボディーワーカー常川です。
冬の足音が感じられる季節になりましたが皆様いかがお過ごしですか?

今回は長い時間かけて私自身の体を使って検証、実験してきた
慢性病や何となく不調と思っている症状についての御紹介です。

近年国民病とも言われている日本人の2人~3人に1人はアレルギーを持っていると言われる程、
花粉症、金属アレルギー、アトピー性皮膚炎などアレルギー症状に悩まされている方が多くいます。
そして、子供の頃に症状が出やすい食物アレルギーも代表的です。
最近では、このフードアレルギーにも時型と遅延型の2種類あることが知られています。

★即時型フードアレルギー(IgE抗体に関与)

症状=かゆみ、じんましん、腹痛、下痢、呼吸困難
出現=摂取後30分以内
小児多く、卵、そば、小麦、甲殻類、ピーナッツ等
ヒスタミンの放出の原因となり毛細血管拡張と平滑筋収縮を起こし
症状となって現れるため原因が判明しやすい。

★遅延型フードアレルギー(IgG抗体に関与)
症状=メンタル不調、情緒不安定、集中力不足、注意欠陥、多動性障害
肌荒れ、ふけ、目下くま、片頭痛、めまい、不眠、高血圧、不整脈、関節炎、
疲労感、慢性副鼻腔炎など慢性的な多彩な症状

出現=摂取後数時間~3週間
小児、成人ともに見られ、アレルゲンと直接結合するため抗原抗体複合体となり体内組織に沈着し
多種多様な症状を誘発するため、原因が判明しずらく他の病気と勘違いされやすい。

 

イライラする、心が不安定、疲労感が抜けない、肩コリ、片頭痛、めまい、肌荒れ
何となく不調、慢性的な症状など、病院に行くまでもない不調な状態は
実はあなたが良く食べる食品が原因になっている可能性が考えられます。

「食事には気を付けて体に良い物を毎日食べているから大丈夫」
と、言う人ほど
遅延型アレルギーになりやすいタイプだそうです。


「毎日美肌のためにヨーグルト食べてます」

「マンゴーはビタミン豊富だから毎朝食べます」など

522326

アレルギー症状が出るのは、簡単に言えば自身のタンクの容量が超えてしまいあふれて出てしまうようなものです。
同じ食品を摂取し続けることで消化管がその食品の分解能力のキャパオーバーになり慢性的な炎症を
起こす原因になってしまうのです。

毎日好んで摂取している食品こそ、あなたのタンクが満タンになって溢れてしまっている可能性が高いのです。

「体に良いから」「これを食べると●●だから」「大好物だから毎日食べても飽きない」

こういった傾向がある人は、特に体の声を注意深く聴き、摂取した後に
体の症状を観察してみる必要があります。
IgG抗体の検査を行っている病院や検査キットもありますが
とても高額ですし、医師によっても賛否両論です。

自身の判断で一つの目安に行ってみるのも良いかと思います。

 

私自身、回帰性リウマチという関節が腫れる発作に悩まされ、大学病院で治療や検査を試みた結果、
症状の緩和は見られず薬の副作用と対処慮法に嫌気がさし早い治療が効果的と言われている病気にも
関わらず「治療を全て中止します!」と決断し、思考錯誤しながら、
たどりついたのが、この <遅延型フードアレルギー> です。

最近は、芸能人でも遅延型フードアレルギーを発表している人は多々います。

 

仕事柄、身体を観るのが好きなので、米国の論文を読み、私の体では何が起きているのか勉強し、
それを元にじっくり観察し食物摂取を自分で実験しながら、
自己免疫疾患と言われる病気を、コントロールできるようになってきました。

 

酵素のバランスを考えないで食べてしまうと症状が出てしまう事が今でも多々あります。
自分の実験結果には、病院の先生もビックリしていて、興味深々でいつも聞いてくれます。
抗体が出来てしまった好物でも6ヵ月のターンオーバーで、
また食べられるようになると言われています。

 

妊娠したい人、妊婦さんはここでは紹介しきれない詳細なメカニズムを
詳しく知ってもらいたいと思っております。また別の機会にご紹介させて頂きますね。

 

5843051

大切な事は。。。。
慢性的な不調や病気を治す手掛かりは
外側の情報ばかり頼りにするのではなく自分自身をもっともっと観察すること。
自分の体を治すのは病院ではなく自分自身なんだとしっかり自覚する事

心の不調も一緒です。
イライラする、集中力がない、うつ気味。


自分は何を好んで摂取しているか。

どんな症状が体に起きているか。
しばらく我慢した場合、体の状態は変化するか?

薬ですぐに症状を緩和する事は一時的には助けになります。
でも根本的な解決へのヒントをつぶさないよう、体の声をしっかり注意して聴く事も大切です。

 

情報過多の時代、何が良くて何が悪いのか
自分の身体と心を無視して情報に翻弄されてしまう人が多くいます。

その人とあなたは違う身体でありと違う心なのです

外側の情報ではなく自分を第三者的に観る心の余裕を持つことこそが、
自分を不調から救う健康への第一歩なのかもしれません。

 

<今日のアロマ>

アロマはハーブです。
タンクがいっぱいになればアレルギーにもなります。
いつも好んで使っているアロマもあえて少しお休みして
冷たくなった風の香り、雨の香り、冬の足音を体で感じて見て下さいね。

 

 


The following two tabs change content below.
常川明子
米国EMBA認定エサレン®プラクティショナー 心理学と解剖学を融合したオイルトリートメントを主として自分自身でも気が付かない 心の癖に自ら気が付いて行けるようにボディーリーディングを視野に入れた 独自セッションを展開。 同時に産婦人科での心と身体の産後ケア―を含めベビーマッサージで バーストラウマの存在を伝え続けています。 身体から心を整えて行く今までにない発想で多くの著名人を顧客に持つボディーワーカー。 http://www.prana-prana.com
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX