太るということは見た目の問題だけではなく、老化スピードが大きく加速してしまいます。

僕自身も以前は体重が82kgあり【写真左】、がんばって68㎏まで減らしました【写真右】。

澤田彰史ビフォー&アフター

ダイエットの大敵といえば、“甘いもの”に代表される糖質です。

近年、清涼飲料水で「カロリーゼロ」とうたっているものが目につきますね。

こういった「カロリーゼロ」のドリンクには、「人口甘味料」が使われています。人口甘味料は、砂糖とちがい本当にカロリーがありません。

そのため、砂糖を使わずに人口甘味料を使用すれば、カロリーゼロも可能なわけです。

 

ただし、ここで油断してはいけません。

ある大規模な実験が行なわれました。

 

①「人口甘味料のドリンクを飲むグループ」

②「通常の砂糖のドリンクを飲むグループ」

 

に分けて、数年後にどちらのグループがカロリーを多く摂取しているのかを比較したのです。

当然、②の「砂糖のドリンクを飲むグループ」の方が摂取カロリーは多いと思われたのですが…。

 

…結果は逆でした。

なんと、①の「人口甘味料のドリンクを飲むグループ」の方が、最終的に摂取したカロリーが多くなっていたのです。

 

なぜこうなったのでしょうか?

理由は難しいのですが、人工甘味料を取りすぎると、腸内細菌が変わり悪玉菌が増えると考えられています。

人間の腸内には1000兆匹の腸内細菌が住んでおり、どんな腸内細菌を持っているかによって、その人の体質が決まってしまうと言われています。

人工甘味料を取りすぎると、悪い腸内細菌が増え、“太りやすい体質”になるようなのです。

 

 

ただし、ここで注意していただきたいのは“人工甘味料は絶対ダメ!”と言っているわけでは決してないということです。

要するに、「カロリーゼロ」だからと言って、油断して摂りすぎると結局は太ることがある…ということなんですね。

太ると、そのぶん老化のスピードが速まります。気を付けましょう。

 

 

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」「駆け込みドクター」、テレビ朝日「モーニングバード」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」「ポコチェ」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

 

また、“かしこく・むだなく、シンプルアンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメやドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務める。

ほうれい線_カバーラフ2


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX