いや〜寒いですね!
大寒波、大丈夫でしたか?まだこれから雪になりそうです。
着物は意外と暖かいので、暖房が利いているお部屋では汗をかいてしまいます。
今日も一応ホカロンを持参しましたが、使うことなく終えました。

さて、実は本日は、私が主宰する垢抜け屋.comのボランティア着付の日でした。

介護施設で振袖の着付を昨年から始め、拙いレクリエーションではありますが、
大変好評を頂いております。

最初はメンバーのお師匠さんである先生にご指導頂きながら、
モノもすべてお借りしていましたが、大阪のショップで安価に振袖を仕入れたり、
メンバーや私のお師匠さんからも様々寄付してもらったりと、
今では、自前ですべて揃えて行っています。

最近では、タンスの肥やしになっていたお着物や帯を頂戴する機会も増え、
こうした活動にも利用させて頂いております。

施設にいらっしゃるご年配の皆様は、着脱しやすいパジャマのようなものを
着ていらっしゃいます。
オシャレは生活する上で、優先順位から言うとずーっと後回し。

そんな中、正絹の豪華な振袖をご覧になると、目がキラキラ輝きます。
女性はいくつになっても女性なのです。
もうかわいいったらありゃしない。

今日参加してくださったSさまは、総絞りの振袖をお選びになり、
「すごいでしょ、絞りよ、綺麗でしょ、触ってみて♫」
と仰って、皆様に触ってもらい、大変嬉しそうでした。

お体のご不自由な方も多い中、私たちには最大のオススメポイントが有ります。
それは、立位が難しい方でも
『車椅子にお座りのまま、お着付けできるように加工を施した振袖を使用』
していることです。

襦袢は着ず、お衿だけお洋服の上から付けて着付しています。
負担がなるべくないようにお紐もキツく締めません。
また、ご自分のお着物を着たい方もなるべく受付ています。

こぼれる笑顔を公に出来ないのが残念ですがさわりだけ。

振袖ボランティア1/23
この活動をもっと拡げて行けたら素敵だと思っています。
それでは今宵はこのへんで。垢抜け屋文月でした。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
文月ブログ
http://blog.goo.ne.jp/shakokimono

 


The following two tabs change content below.
垢抜け屋 文月
カジュアル着物愛好家。花柳界引退後、普段着きものに目覚める。「着物をもっと気軽に」を合言葉に活動中。楽しむ着物を広めるユニット「垢抜け屋.com」主宰。香瑠鼓カラダラボスクール講師。下北沢スタジオルゥにて着付ワークショップ開催中。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX