今回は、花柳界のお話

花柳界(かりゅうかい)とは芸者さん周りのことを言います。

浅草や新橋、神楽坂、向島・・花街(はなまち・かがい)
有名な街ですよね。

私の「垢抜け屋文月」という名はそれにちなんでおりまして、
芸者さんたちのお名前は、置屋(所属する事務所のようなもの)の名前の後に、
自分の名前が来ます。

例えば、まつ乃家のあづき姐さんなら「まつ乃家あづき」となります。

この「お姐さん」というのにもルールが有りまして、
自分より目上(芸歴が長い)先輩に対しては、
お名前の後に姐さんをつけます。
つまり「○○姐さん」とお呼びする訳です。

80・90代現役の芸者さんは、『大きいお姐さん』という言い方。
決して体格が大きい訳ではありませんよ(笑)

同僚や後輩の方には、「○○さん、○○ちゃん」と呼びます。
 男性なら「お兄さん」

どんなにお年を召しておいででも「お兄さん」ですよ(笑)

商業演劇の方や、歌舞伎界でも使うみたいです。古い伝統でしょうか。
芸者がお客様をお呼びする時、 お名前を把握している場合は、
例えば、鈴木さまならば「すーさま」、佐藤さまなら「さーさま」

お客様には、政治家さんやお偉い方々も多いですから、
どなたとどなたがご一緒か特定できないように。
トラブルを避けるため・・とも。

どうでしょう?粋じゃないですか?
そんな世界に憧れて私は、お兄さん、お姐さんとなんとなくお呼びします。
「お兄さん?お爺さんだよ。お兄さんなんて呼ばれたの久々だなぁ!」
なんて仰る方も多いです。嫌ではないはず・・。

 

写真は、まつ乃家あづき姐さん。
大井海岸(大森)の置屋の芸妓さんです。文月自慢の心の友です。
あづき姐さん

 


The following two tabs change content below.
垢抜け屋 文月
カジュアル着物愛好家。花柳界引退後、普段着きものに目覚める。「着物をもっと気軽に」を合言葉に活動中。楽しむ着物を広めるユニット「垢抜け屋.com」主宰。香瑠鼓カラダラボスクール講師。下北沢スタジオルゥにて着付ワークショップ開催中。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX