今年は比較的暖冬のようですが、それでも突然のに驚いたこともありましたね。
雪の予報が出ていると妙にわくわくしてしまったり、あるいは必要以上に交通の便を心配してしまったりします。

「季節を感じられる石鹸を!」というのが私の愉しみでもありますので、冬をイメージした石鹸もいくつか作っています。
当然、材料は季節に合った物を使いますが、せっかくですからデザインや香りでも楽しみたい!
冬の天気でモチーフになる物は、雪・霜・氷・雹・霰……色々とあります。
どんなデザインにしてどんな香りを着けるか考えるのが自分で石鹸を作る醍醐味です。

 

まずは雪景色。与謝蕪村が描く静謐な雪景色を思い起こしながら作りました。
和を意識したので、香りもサンダルウッドとグリーンティのフレグランスオイルを使用。
264
原材料>オリーブ油・ココナッツ油・パーム油・ラード・ひまし油・NaOH・精製水・竹炭パウダー・FO(サンダルウッド・グリーンティ)

 

そして、初霜。小倉百人一首の「心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花」から着想を得て。
白は白でもちょっと優しい白を出せるように努力しました。
153
原材料>オリーブ油・ひまわり油(HO)・ひまし油・ココナッツ油・パーム油・パーム核油・NaOH・精製水・EO(ティートゥリー・フェンネルスイート)・FO(カモミール・サンダルウッド)

 

は、霧氷と言うか樹氷と言うか。
あまり研ぎ澄まされた感じになるのも石鹸としてどうかなと思ったので、ちょっと動きを出して香りも包容力を感じさせるもので。
265
原材料>オリーブ油・ココナッツ油・パーム油・ラード・ひまし油・NaOH・精製水・ラピスラズリパウダー・酸化クロムグリーン・キャンディカラーライトブルー・FO(ホワイトジンジャー・アース)

 

そろそろ年度末の忙しい時期です。
日々の雑事に追われながらも、バスタイムは「今日はこんな天気だったな」「明日はどうだろう、寒いかな」なんて、そんな思いを巡らせながら一日の終わりを愉しんで、ゆったりとした睡眠へ導かれたいですね。

 

※こちらの石鹸は全て「雑貨」としての扱いです。
医薬品・医薬部外品・化粧品のいずれにも該当しません。
尚、食品ではありませんので、誤飲誤食にはくれぐれもご注意ください。

 

 


The following two tabs change content below.
ロフォフォラLophophora
Lophophora【小栗みすず】石鹸作家。 季節によって表情を変える手作り石鹸の可能性に魅せられ、和の風物詩から着想を得た雑貨石鹸を志す。 年に一度のペースで個展開催。小倉百人一首をモチーフにした「うたせっけん展」、桜を中心とした「さくらのせっけん展」、四季折々の石鹸をイメージした「はなせっけん展」等。 【Lophophora(ロフォフォラ)】http://lophophora.x0.com/
ロフォフォラLophophora

最新記事 by ロフォフォラLophophora (全て見る)

 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX