<イントロ・春の兆し>

 

寒さもだんだんと和らいできて、春を実感するような過ごしやすい日が増えてきましたね。

ベルリンも、少しずつではありますが日照時間も長くなってきました。3月末にサマータイムに突入するので、そこから春を感じるどころか、一気に夏に向けて街の雰囲気も華やいでいく事になりそうです。

 

 

<アイスランドの有名人>

 

さて、最近何かとベルリンを離れる事も多いのですが、今回もまたドイツ以外の国、アイスランドの音楽にスポットを当ててみたいと思います。

 

アイスランドの音楽といえば、もはや説明不要なビョークシガー・ロスムームなどが国際的にも有名ですね。独特の憂いを帯びたメロディーがとても特徴的です。

 

 

<メランコリーな楽曲の数々>

 

上記の3アーティスト以外にも、

Ólafur Arnaldsや、

 

もともとジャズのベーシストでもあったSkúli Sverrison

なども有名です。

アイスランドの有名なレーベルであり、レコードショップでもある12 Tónarのオーナー曰く「アイスランドの音楽の特徴のメランコリーな部分は、風土に根ざした気質なのかもしれない」という事でした。

また、アイスランドの国全体の人口が約35万人。そのうち、首都とその近郊に住む人が約15万人。国全体が小さい事もあって、オープンマインドのミュージシャン達がお互いに刺激しって面白いものが生まれてきたり、親密なコラボレーションもたくさんあるそうです。

 

 

<エンディング・風土が音楽を作るのかも>

 

僕はまだアイスランドには実際に行った事はないのですが、音楽と場所、風土や気候といった地域性が結びついているようで、聞いていると何となくリラックス出来ますね

アイスランドの雄大な自然の風景を連想させるような、幻想的で夢を見ているかのような音楽でリフレッシュするのも良いかもしれませんね。

gatag-00010248

 

ではまた次回のコラムで。Bis bald!

 

Nori

ツイートツイート
The following two tabs change content below.
細谷紀彰
ベーシスト/コンポーザー/アレンジャー ヨーロッパを中心に活動するベース奏者。 アメリカ・ボストンにあるバークリー音楽大学のパフォーマンス科、ジャズ作曲編曲科を卒業後、 2010年よりドイツ・ベルリン在住。 ジャズを中心に、ファンク、ロック、ポップス等、様々なジャンルを行ったり来たりしつつ、 独自のサウンドを追い求めている。 2015年、ヨーロッパでの初のソロアルバムをリリース予定。 サイトリニューアル:http://www.noriakihosoya.com/
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX