春は、旬の緑茶を味わいましょう。

清明節(今年は4月4日)を控え、中国では茶摘みと製茶の最盛期を迎えます。この時期に作られる緑茶は、アミノ酸をはじめとする内容成分が特に豊富で、フレッシュで風味豊かなお茶を楽しむことができます。

今回ご紹介するのは、浙江省 開化県で栽培される「開化龍頂」(かいかりゅうちょう/kāihuàlóngdǐng)という緑茶です。毎年、清明節~穀雨(今年は4月19日)の頃に茶摘みをして作られます。

高級な茶葉は、春先の柔らかく小さな芽と葉(一芽一葉)を手摘みし、丁寧に作られます。若々しい原料で作られた茶葉は、うっすらと柔らかな産毛に包まれていて、グレイッシュな緑色(中国語では「银绿披毫」と言います)をしています。

1138455801

中国緑茶は形をきれいに作るのが特徴なので、ガラスの茶器で淹れるのがお薦めです。一度沸騰させて少し冷ました、80℃くらいのお湯を使いましょう。

ガラスの盖碗(がいわん)を使って淹れてみます。茶器を温め、茶葉を入れます。まずはお湯を茶葉ひたひた程度に注ぎ、茶器を軽く揺らします。その後、お湯をたっぷりと注ぎ足して、2分くらい待ちます。

1384515645

茶葉がゆっくりと水分を含み、ふっくらとしていく様子を観賞しながら待ちましょう。茶柱がたくさん立ちますよ!茶湯の色はとても淡く、美しい黄緑色をしています。盖碗のフタで茶葉を軽く押え、盖碗から直接茶湯を口に含み、香りと味を楽しみましょう。

もっとシンプルに中国緑茶を楽しみたい方にはこちら。

1216299004

グラスの中に茶葉を適量入れて、お湯を注ぐだけ。中国で広く普及している一般的な緑茶の飲み方です。

風味が徐々に抽出されるので、差し湯をしながらゆっくりと味わうのが中国スタイルです。


The following two tabs change content below.
栗城 暖子

栗城 暖子

栗城 暖子(くりき あつこ):中国高級茶芸師 高級評茶員 2007年より上海在住。中国茶を通じ、中国の歴史、伝統文化に触れる日々。 趣味は、年に数回、中国各地のお茶どころを巡る「茶旅」へ出かけること。おいしい茶葉と、かわいい茶器を探すこと。 2011年3月 浙江大学 茶学部 高級評茶員養成クラス終了。 2013年10月 中国浙江省にて開催された、第二回 ”武陽春雨杯 全国茶芸職業技能コンテスト” 茶席デザイン部門 銅賞 受賞。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX