GWまもなく明けますね。有意義な休日を過ごされましたか?

今回は、日本人なら知っておきたい日本古来のお柄について書こうと思います。
お着物をお持ちでなくても、目にしたことはあるはず。

和柄、いくつか思いつきますでしょうか?

代表的なモノをピックアップしてみました。

麻の葉(あさのは)
青海波(せいがいは)
亀甲(きっこう)
市松(いちまつ)

image

 

鱗(うろこ)
七宝(しっぽう)
矢絣(やがすり)
唐草(からくさ)
image

 

これをもとに様々なアレンジが成され、鮮やかな色使いも。

また、ひとつひとつに意味が有ります。

 

《麻の葉》(あさのは)

麻は丈夫ですくすく真っ直ぐ伸びることから、丈夫に育って欲しいという思いを込め、子供の産着に用いる風習があった。

 

《青海波》(せいがいは)海原に絶えず繰り返される波のように、平穏な暮らしがいつまでも続くようにという願いを込めた吉祥文様。雅楽の舞曲のタイトルでもあります。

 

《亀甲》(きっこう)
亀の甲羅に似ていることから長寿の吉祥文様とされる。

 

《市松》(いちまつ)

歌舞伎役者の佐野川市松が衣裳に白と紺の模様の袴を用いて拡がった。

ようやく決まった東京オリンピックのエンブレムとして、有名になりましたね。

 

《鱗》(うろこ)
蛇や蝶を連想して脱皮を表し、厄を落とし再生する厄除けの文様。

 

《七宝》(しっぽう)

輪が四方八方に広がっていくことから耐えることのない永遠の連鎖と拡大を意味し、
円満、調和の吉祥文様。

 

《矢絣》(やがすり)
矢を射れば戻ってこないので、婚礼の縁起物とされる。
女学生が袴にブーツを合わせ明治時代に大流行。

 

《唐草》(からくさ)

つる草がどこまでも伸びて絡み合う様子から生命力の象徴とし、一族の繁栄を意味する吉祥文様。

ちなみに泥棒がなぜか緑の唐草模様の風呂敷を背負うイメージは、
この模様の大風呂敷が一家に一枚はあるくらい、定番の柄だったことが伺えます。
押し入った先の風呂敷をそのまま拝借して盗むという…それくらい普及していたんですね〜。

私もかなり風呂敷を持っていますが、残念ながら唐草はないなぁ(笑)

若い人はそんなイメージもないかもしれませんね(笑)
さて、如何でしたか?

意外とためになったかしら?
それでは今後もご贔屓に。
垢抜け屋文月(あかぬけやふみづき)でした☆
image

The following two tabs change content below.
垢抜け屋 文月
カジュアル着物愛好家。花柳界引退後、普段着きものに目覚める。「着物をもっと気軽に」を合言葉に活動中。楽しむ着物を広めるユニット「垢抜け屋.com」主宰。香瑠鼓カラダラボスクール講師。下北沢スタジオルゥにて着付ワークショップ開催中。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX