日本各地で、そろそろ梅雨入りですね。
雨が続くと鬱陶しいと感じることもありますが、時には日本の風情を感じることも。

この時期の花をモチーフにした石鹸を二種。

 

まず、雨が似合う花と言えば「アジサイ」ですね。
「紫陽花」または「集真藍(あずさい)」または「四葩(よひら)」とも呼ばれる花です。

アジサイは、花の色が移り変わるためか、花言葉は「移り気」。
何となく良い意味では無い雰囲気ですが、他に「強い愛情」「一家団欒」「家族の結びつき」なんて花言葉も持ってるそうです。小さい花が手毬型にまとまっている所から、結びつきを感じるのでしょうね。
02
原材料>オリーブ油・ココナッツ油・パーム油・ラード・ひまし油・NaOH・精製水・ラピスラズリパウダー・キャンディカラーライトブルー・ウルトラマリンバイオレット・酸化クロムグリーン・FO(スイートレイン)

 

梅雨が明ける頃には「朝顔」の季節。
江戸時代に大きなブームが起きたこともあり、日本ではとても愛されている花です。
03
原材料>オリーブ油・ココナッツ油・パーム油・パーム核油・ラード・NaOH・精製水・ラピスラズリパウダー・ウルトラマリンパープル・カラーリキッド(ブルー・ヴァイオレット)・ラベンダー(FO)・海(FO)・グレープフルーツ(FO)

 

湿気に悩まされることもありますが、四季の移ろいを愉しめるのは日本ならでは。
青系の色のグッズが浴室内にも似合う時期にもなってきました。
季節に似合う石鹸を選んで使うというのも愉しい過ごし方の一つです。

 

※こちらの石鹸は全て「雑貨」としての扱いです。
医薬品・医薬部外品・化粧品のいずれにも該当しません。
尚、食品ではありませんので、誤飲誤食にはくれぐれもご注意ください。

 

 


The following two tabs change content below.
ロフォフォラLophophora
Lophophora【小栗みすず】石鹸作家。 季節によって表情を変える手作り石鹸の可能性に魅せられ、和の風物詩から着想を得た雑貨石鹸を志す。 年に一度のペースで個展開催。小倉百人一首をモチーフにした「うたせっけん展」、桜を中心とした「さくらのせっけん展」、四季折々の石鹸をイメージした「はなせっけん展」等。 【Lophophora(ロフォフォラ)】http://lophophora.x0.com/
ロフォフォラLophophora

最新記事 by ロフォフォラLophophora (全て見る)

 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX