すっかり秋めいて参りました。

ハロウィーンなどイベントのシーズンでも有りますね。

イベントなどでお着付けをしていると、大変無防備な出で立ちの方が良くいらっしゃいます。

男性はだいたいパンツですし、女性も半分くらいの方が、キャミソールはお持ちでも、
下半身に何を持って来たら良いか分からず結局パンツ・・・といった感じでしょうか。

 

特に夏から9月くらいの陽気ですと暑いので、重ね着は少ないほうが楽、
ということもあるかもしれません。

和装用のステテコや腰巻きなど、わざわざ買う必要はないですが、
手持ちのスリップや、短パン、スパッツなどレンタルした着物や襦袢の中が直接お肌
(デリケートゾーン)となるよりは一枚有ると安心ですね。

着付師はもちろん声に出しませんが、隠しておきたい秘部は
ご自分でカバーされることをオススメしたいです。

 

女性同士だと気にならないのかしら?
私はちょっと恥ずかしいのですけれど・・・。

なんでも良いんですよ。

白いお着物だと柄物や強いお色の下着は透けてしまうことがありますが、
濃い色のお着物でしたらへっちゃらです。
下半身には、腰巻き、ステテコなど。

または上下繋がっている和装スリップなんてのもあります。

ステテコ派曰く、腰巻きは太もも同士が直接当たるのでベタベタしますが、
おズボンタイプのステテコは両足の汗を吸ってくれるので気持ち良いそう。ステテコでなくても、こんなスパッツや、薄手の短パンでも。

 image

私はゴムが嫌いなのでステテコよりも紐で結べる腰巻き派です。

 image

 

また、こんなスリップやペチコートなら女子だったら一着は有るのでは?
imageimage

参考になりましたか?

男子は直に浴衣ってぇのが粋・・ってこともありますが、ご自分で着れればねぇ〜。

パートナー以外の方に着付けしてもらう時は、
マナーとしてステテコを履いて頂ければ有り難いですねぇ・・。
でも、男子こそ全然気にしないのね。ま、そこが男の子らしくていいのかもしれません。
パンツ事情に詳しい垢抜け屋文月でした(苦笑)

 


The following two tabs change content below.
垢抜け屋 文月
カジュアル着物愛好家。花柳界引退後、普段着きものに目覚める。「着物をもっと気軽に」を合言葉に活動中。楽しむ着物を広めるユニット「垢抜け屋.com」主宰。香瑠鼓カラダラボスクール講師。下北沢スタジオルゥにて着付ワークショップ開催中。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX