やっと暑さが和らいできたと思ったら急に涼しくなりました。

夏の疲れが涼しくなる今頃出始める体の不調を秋バテと言われます。

秋は雨が多く気分が落ち込みがち。
気圧の変化や、1日の寒暖差、暑い日もあれば、寒い日もあり
気温がなかなか落ちつかない状況です。

自律神経が乱れやすく体に負担がかかり頭痛やめまい、肩こり
さまざなな不調を訴える人が多くなる季節です。

涼しくなってきたのになんだか疲れが抜けないという方は
自分の体調をチェックしてみてください。

11201087
頭痛と疲労感
体が重だるく疲れやすい
朝スッキリおきられない
胃もたれがある
立ちくらみめまいがする
食欲がない。
ついつい癖で冷たいものばかり飲んでしまう
冷えたアルコールやジュース、チョコレートやピーナッツ、チーズ
などの血管収縮させるチラミンが多く含まれる食べ物を摂取して
片頭痛の症状がでる方も多いです。

★まずは、かぼちゃやしょうがなどを積極的に摂取して胃腸の調子を整えて
体の中から温めて負担を減らしてみましょう。

 

18724598

★冷房で体を冷やしすぎず羽織りものや長袖で調整し、
脂肪が冷たくならないように気をつけましょう。
冷たい体は更に脂肪で守ろうとし、余分なお肉がついてしまいます。

★ぬるめのお風呂にゆっくりつかり体の芯を温めてゆっくり睡眠を
できるようにリラックスした夜を過ごしてみましょう。
初秋は体の調整時期です。
無理しすぎないように
ゆっくり夏の疲れを癒して自分をいたわってあげてください。
<秋におすすめのアロマ>

ベルガモット⇒不安や抑うつ感情、不眠に効果的
ストレスでイライラした気持ちをリセットしてくれます。

ゼラニウム⇒ホルモンのバランスを整え気持ちを前向きにしてくれます。

ユーカリ⇒空気が乾燥し、気管支に不調が出る季節に活躍のアロマ
気分をスッキリと整え集中力も高めてくれます

ラベンダー⇒まさに万能な精油、抗菌作用抗炎症作用、風邪予防に
少しリンパが痛いときや喉に違和感があるときは
耳の後ろに塗っておくと翌朝ビックリするくらい回復してます。
この季節はいつでも持ち歩けてすぐに使えるアロマスプレーにして
携帯すればハーブの力を身近に利用できて便利です。


The following two tabs change content below.
常川明子
米国EMBA認定エサレン®プラクティショナー 心理学と解剖学を融合したオイルトリートメントを主として自分自身でも気が付かない 心の癖に自ら気が付いて行けるようにボディーリーディングを視野に入れた 独自セッションを展開。 同時に産婦人科での心と身体の産後ケア―を含めベビーマッサージで バーストラウマの存在を伝え続けています。 身体から心を整えて行く今までにない発想で多くの著名人を顧客に持つボディーワーカー。 http://www.prana-prana.com
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX