デニムって、なんでブルーメインなんでしょう?疑問に思ったことはないですか?

インディゴブルー(Indigo Blue)は日本流に言うと藍色(あいいろ)。
もともとデニムは白い繊維。それを何故、インディゴブルーに染めるのか?疑問に思いませんか?

どうやら、インディゴ染料には「ピレスロイド」という、蛇や虫除けの効果があるそうなんです。

合成のインディゴ染料には無いそうですが、天然インディゴに含まれるピレスロイドという成分には、爬虫類や昆虫などに対して神経毒として殺虫作用があるそうです。ただ・・・合成かどうかを見分けるのも大変です。メーカーさんやお店の人に聞くのも手かもしれません。
アウトドアの際に、また畑作業とか虫が多そうな場所に入る際に、先人の知恵と申しますか、そういう生活の知恵で、インディゴデニムができたんでしょうね。
となると、キャンプや山登りの際には、デニムがオススメかもしれません。

ところで・・・

20161129日(火)、東京 原宿に新しいコンセプトショップ「EDWIN TOKYO HARAJUKU」がオープンしました!

November 29, 2016 (Tue) A new concept shop “EDWIN TOKYO HARAJUKU” has opened!

エドウィンといえば、「505」そう、ブラピですね。

ロンドン、パリ、ミラノで先行するEDWIN STOREで発売のJAPAN MADEのプレミアムデニムや、新たに「東京・原宿」発信のスタイルとなる“TOKYO EDIT”のコンセプトの限定デニム、世界標準として展開する「E STANDARD」シリーズのメンズ&レディースで構成し、西洋と日本の和と洋が交わる新たなデニムの世界観を創造する空間が誕生しました。

1Fは、インディゴブルーを色調にしたヨーロッパのEDWIN STOREを彷彿させる外観で、原宿店限定のリメイクやウォッシュ加工によるスペシャルアイテムや、プレミアム、クラシック、モダンのコンセプトでバリエーションを構築するEスタンダード・ライン、ワークなどで構成し、常に新しい編集でテーマを展開していきます。
内観には衣桁や箪笥、引き戸などシンプルかつミニマルな和の解釈をモダナイズした売場を展開します。

 

2Fは、木調の配色の縦格子の外観で和の建築様式をモダナイズし、1Fの洋、2Fの和をダイナミックに折衷したイメージ。
Eスタンダードのベーシックなライン基調にメンズ&レディースを幅広く取り揃え、くつろげるラウンジと共に構成します。
「盆栽」「のれん」「提灯」「格子」「白・藍・木の配色」など、和xモダンの要素をさりげなくシンプルに取り入れた空間でデニムのクオリティを際立たせます。

 

[直営店]EDWIN TOKYO HARAJUKU

Edwin Tokyo Harajyuku

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前3-18-23

〒150-0001

3-18-23 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0001

TEL 03-6447-0330

OPEN HOURS 11:00~20:00


The following two tabs change content below.
夏波夕日
美容天気プロデューサー / Sun Set Group Owner CEO / タレント / 新体操選手として体育大学へ進学。学生時代に起業。 Beauty&FashionのコンサルティングおよびWebSite「美容天気」をプロデュース。 まつげ・ネイル・化粧品・健康食品・紅茶・ドレスなどの商品開発、ブランディング。 【出演】 ☆TV:恋のから騒ぎ・とくダネ!・おはよう日本 他。 ☆番組MC:Yuka'style TOKYO(東京FM)・Business Plus(CS-News) ☆雑誌:GLAMOROUS・Nail UP!・OZマガジン・MISS・Chou Chou・25ans(ヴァンサンカン)・L'OFFICIEL Japon・Body+ 他。 ☆コラム連載:MTV Japan・J SPA!・女性の悩みクリニック・YAHOO! JAPANBeauty 広告PR:GUCCI・LVMH(Moet Hennessy Louis Vuitton)・WELLA(ウエラ)japan 【保有資格】 ・愛玩動物飼養管理士 ・アロマテラピー検定1級 ・メンタル心理カウンセラー ・ファスティングマイスター ・天気検定
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX