花粉症による経済損失は何十億にものぼると言われています。みなさんはどのような対策されていますか?

「シンプルにマスク!」「鼻うがい」、「家に入る前に服をはたいて花粉を持ち込まないようにする」など…いろいろと対策はあります。

また、抗アレルギー薬の飲み薬や、点眼薬、点鼻薬などもあります。

ただ、こういった対策はあくまで「対症療法」です。つまり、症状を弱めているだけであって、花粉症そのものを治しているわけではありません。

現在“減感作療法”というアレルギーを体質から改善する薬がやっと出てきましたが、治療期間が非常に長いなどネックがあります。

「花粉症を治す」のは難しいのです。

しかし、アレルギー体質の人には“あるもの”が足りていないことが原因となっていることがあります。

一つが『善玉菌』です。

腸の善玉菌が減ると、アレルギーが出やすくなります。善玉菌が減る原因は、ズバリ“食物センイ”不足です。

たとえば、りんごの皮に含まれている食物センイによって大腸がんの予防や便秘の改善にもなるうえ、花粉症の症状を軽減するというデータもあります。

食生活の欧米化に伴い、日本人の食物センイ摂取量はここ数十年で2/3に減りました。食物センイとは、大根・ごぼう・長芋・こんにゃくイモなどの根野菜や、りんご・みかんなどの果物、納豆・とろろ・オクラなどのネバネバ、わかめ・ひじきなどの海藻類に多く含まれます。

そしてもう一つが『ビタミンC』です。

美肌に良いとされるビタミンCがアレルギーを抑える働きもあるとはちょっと意外ですね。

どちらも特効薬というわけではありませんが、「花粉症の症状がひどくて困っている。」という人は、食物センイの豊富なおかずを毎日食べるようにしたり、ビタミンCのサプリを飲んでみると良いでしょう。

「花粉症だから仕方がない…。」とあきらめるのではなく「もしかしたら食生活のバランスが悪い証拠かも?」と考えて、食生活を振り返ってみる機会にしてみてはいかがでしょうか。

僕自身も食生活は乱れがちのため、顧問をしているARGON社の『パーフェクトサプリ+』を飲んでいます。

ビタミンB群・C・D・E、DHA、dコエンザイムQ10、葉酸、トマトリコピン、ナイアシン…などのあらゆる抗酸化物質に加え、話題のクルクミン、アスタキサンチン、大豆イソフラボンまでもが一粒につまっています。

これらの成分をバラバラで買うと二万円近くしますが、『パーフェクトサプリ+』ならば月額およそ8000円で済みます。『ウコンの力』一本分のクルクミンも補給できますので、宴会シーズンにもぴったりです。

NPO法人日本サプリメント評議会から“安心安全マーク”も取得していますので、老若男女問わず「アンチエイジングしたいけど、何を飲んだらいいのかわからない・・・」という方におすすめです。

僕自身もかれこれ9年間毎日飲んでいます。

そのおかげか、某テレビ番組に出演した際に肌年齢を調べたところ、「-11歳」という結果でした。

ただし、サプリメントはあくまで補うもの。毎日の食生活が基本であることは変わりありません。

 

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、NHK「ひるまえほっと」、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「その原因“X”にあり」「バイキング」「ニッポンのぞき見太郎」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和!」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「AERA」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」「ポコチェ」などの雑誌や、朝日新聞などのアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

独自の方法で-14kgのダイエットに成功したが、テレビ東京「大食い王選手権」では出場者の体調を見守る医師として出演した際には、“大食いなのにスリム”なフードファイター達を羨望の目で見ていた。

肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出ている。

また、“かしこく・むだなく、シンプルアンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメやドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務める。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)は台湾語版も出版されている


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV