“ダニ”と一口に言っても、多くの種類のダニがいます。

病原菌を運び、ライム病・日本紅斑熱・ツツガムシ病などといった疾患を引き起こす、「マダニ」や「ツツガムシ」や、寝ている間にふとんに入り込んで太ももや脇などを刺す「イエダニ」などが悪名高いですね。

これらマダニ・ツツガムシは基本的に野外に生息しており、野生の動物に寄生しています。たまたま山や草原などにレジャーに訪れた人が刺され、数日後に皮疹などの症状が出るのです。

また、「イエダニ」も基本的にドブネズミに寄生しており、“家”にはいません。たまたまネズミの巣から人間の住宅に侵入して、夜間に人間を刺すことがあるのです。

では、畳やじゅうたんによくいるダニは何ダニでしょうか?

それは、「コナダニ」や「ヒョウヒダニ」です。実は、これらは人を刺しません。しかし、畳やじゅうたんを不潔にしていると、これらのダニが増えすぎてしまい、その場合に人間にアレルギー反応を起こさせる原因物質となってしまうので、問題となるのです。

そして、コナダニ・ヒョウヒダニよりももっと、私たちに身近と言えるかも知れない存在が“ニキビダニ”です。

ニキビの膿みの中身を見てみますと、ニキビの原因菌である『アクネ菌』がほとんどを占めていますが、それだけではなく、真菌(カビの一種)である『マラセチア菌』もいますし、中には『ニキビダニ』というものも含まれている場合があります。

しかし、これらはいずれもめずらしい菌というわけではなく、日常的に私たちの身近にいて、誰の顔にもいると思ってまちがいありません。

しかし、ストレスが強かったり、免疫力が下がったり、乾燥肌が続いたり、寝不足が続いたりすると、肌の抵抗力が下がってしまい、これらの菌が増殖してニキビなどの原因となるのです。

これらの菌を完全になくそうとして、過剰に神経質になる必要はありません。

日頃から睡眠をきちんととり、ニキビができないよう肌をきちんと保湿し、清潔に保つことと、肌の抵抗力をつけておくことが何より大切なのです。

 

僕が使っているのは、顧問先であるARGON社『Pro-VCローション』『Pro-ACEクリーム』です。高級ドクターズコスメと同様の『ビタミンC誘導体』が入っていながら、通常よりもリーズナブルな価格になっています。

ARGON『Pro-VCローション』ARGON『Pro-ACEクリーム』

また、最近は家庭用ケミカルピーリング剤も気軽に買えるようになりました。

おすすめなのは、ARGON社『Pro-PEELソープ』です。

激安とまでは言えませんが、なるべく自宅で手軽にアンチエイジングしたいというコスパ重視の方におすすめです。

僕自身も、この3つでアンチエイジングを続けています。

50回ピーリングができて3990円のなので、コスパも十分です。

こういった毎日続けるものは、効果があることはもちろんのこと、コストパフォーマンスも非常に大切だと僕は思っています。

(※いずれもARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、NHK「ひるまえほっと」、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞき見太郎」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和!」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「AERA」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」「ポコチェ」などの雑誌や、朝日新聞などのアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

独自の方法で-14kgのダイエットに成功したが、テレビ東京「大食い王選手権」では出場者の体調を見守る医師として出演し、“大食いなのにスリム”なフードファイター達を羨望の目で見ている。

また、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。

“かしこく・むだなく、シンプルアンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメやドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務める。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)は台湾語版も出版されている。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV