人間の腸の中には、およそ100~1000兆匹の腸内細菌が住んでいます。重さにして約1kgです。人間の体は約60兆個の細胞でできていますから、人間は自分の細胞の数よりももっと多い、腸内細菌を腸の中で“飼っている”のです。

さて、一口に腸内細菌と言っても二種類います。

カンタンな話で、私たちの体によい働きをしてくれる“善玉菌”と、逆に人体に悪さをする“悪玉菌”の二種類です。

悪玉菌が多いと便秘になりやすくなったり、大腸がんや炎症性疾患にもなりやすいことがわかってきました。

それだけではなく、悪玉菌が多いと高血圧になったり、コレステロールが高くなったり、糖尿病になりやすくなることもわかってきました。

さらに、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の原因にもなることや、ニキビの原因にもなることまでわかってきました。

そして、“肥満”とも関連していることもわかったのです。

あなたが健康に過ごせるかいなかは、腸内細菌で決まると言っても過言ではありません。

では、腸の中の善玉菌を増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

方法は二つあります。

一つは、善玉菌の“増援部隊”を腸に送り込んでやる方法です。口から摂取できる善玉菌の代表は、ビフィズス菌と乳酸菌です。他にも、甘酒に含まれている麹(コウジ)菌や、納豆菌もそうです。

ヨーグルトや納豆が体に良いとされるのはこのためです。

もう一つの方法は、善玉菌の“えさ”を増やす方法です。善玉菌は“食物センイ”をえさにして増殖します。

食物センイは、野菜や果物の皮、ワカメやひじきなどの海藻類、キノコ類、納豆や山芋・オクラなどのネバネバ系、コンニャクや白滝などの“ヌルヌル類”に多く含まれています。

和食がアンチエイジングに良いとされるのは、食物センイが多いからです。

食物センイが不足すると便秘しやすくなります。便秘は食物センイ不足のサインともいえます。

あなたは便秘していませんか?

腸がきたないと、肌もきたなくなります。

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、NHK「ひるまえほっと」、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞき見太郎」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和!」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「AERA」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」「ポコチェ」などの雑誌や、朝日新聞などのアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

独自の方法で-14kgのダイエットに成功したが、テレビ東京「大食い王選手権」では出場者の体調を見守る医師として出演し、“大食いなのにスリム”なフードファイター達を羨望の目で見ている。

また、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。

“かしこく・むだなく、シンプルアンチエイジング”をモットーに、ドクターズコスメやドクターズサプリの企画開発を行なう『ARGON Co.Ltd』の顧問も務める。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)は台湾語版も出版されている。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV