春がもうすぐで桜色がとても気になるボディーワーカー常川です。
今日は足や手以外の冷えについて・・・です。

「お腹いっぱい」って思う機能がバカになってしまってる時ってありますか??

色々な要因は考えられますが、脳の視床下部に食欲を感じる機能があります。

エネルギーが不足してくると空腹中枢が指令をだし、
「お腹いっぱいだ!」と思い満腹中枢が働き食欲をストップさせます。

 

血糖値やアミノ酸、レプチンなど色々な関係はありますが、
脳の温度にも影響されるとも言われます。

食べ物を消化するときに必要なエネルギーは15%くらいと
言われますが、運動して体が熱くなると満腹中枢を刺激できるようになります。

夏に熱いと食欲不振になるのは体温が上昇しての脳に与える影響だそうです。

「冷え」を追求していていくとやはり良いことは何一つないことに気が付きます。
代謝も落ちる、免疫落ちる、自律神経のバランス乱れる。。満腹中枢まで。
良くないことばかり。

ちなみに空腹中枢のまま、我慢して過ごしたり、しばらく満たされないでいると
本能ですぐにエネルギーに変える事のできる高カロリーの物が食べたくなったり
体が欲したりします。
ジャンクフードがおいしそうに見えたりするのは満腹中枢の異常なのかもしれません。
手っ取り早く高カロリーな物を摂取してエネルギーに変えるという人間の本能
みたいなもの。

00b1e7fd70786d996b554f359e8586b7

 

ジャンクフードというとあたしの中ではハンバーガーってイメージですが
最近は手作りの自然派バーガーも沢山あるので、お野菜と一緒にそっちを
選択してあげれば、きっと脳にも体にも満足度合が高くなってきます。

おまけですが、脳が乾燥するとアルツハイマーのリスクが大きくなります。
乾燥による萎縮は脳には大敵です。
冷えと乾燥には十分注意しましょう。


The following two tabs change content below.
常川明子
米国EMBA認定エサレン®プラクティショナー 心理学と解剖学を融合したオイルトリートメントを主として自分自身でも気が付かない 心の癖に自ら気が付いて行けるようにボディーリーディングを視野に入れた 独自セッションを展開。 同時に産婦人科での心と身体の産後ケア―を含めベビーマッサージで バーストラウマの存在を伝え続けています。 身体から心を整えて行く今までにない発想で多くの著名人を顧客に持つボディーワーカー。 http://www.prana-prana.com
 
関連記事

美容天気TV