「何歳になったらアンチエイジングを始めたら良いのですか?」とよく訊かれます。

人間の体は、基本的に20歳までは細胞が活発に分裂し成長していますので、20歳までは紫外線対策以外のアンチエイジングは特に必要ないでしょう。

20代の間は、体の成長が終わり、心身ともに最も充実する時代になり、そして30歳を迎えます。

実は、血液検査などの健康の理想値は「30歳」のときの値が基準と考えられています。

逆に考えれば、30歳を過ぎた時点で人間の体は徐々に老化していきます。

アンチエイジングをしている人と、していない人の差はここから始まるわけです。

30歳を過ぎたあたりから、「若々しい人」と「老けている人」の差が目立ちはじめるのはこのためです。

見た目の老化度は、それまでに浴びた紫外線の量で七割がた決まってしまいます。

紫外線は肌の細胞のDNAを傷つけ、このダメージの蓄積がしみ・しわ・たるみとなって現れます。

20歳くらいまでは、紫外線のダメージを回復するパワーがあるのですが、25~30歳くらいになると、そのパワーが紫外線に負けてしまうのです。

しみ・しわ・たるみは、浴びてきた紫外線のダメージの「蓄積」です。

だから、「30歳までは何もしなくて良い」というわけではありません。

紫外線から肌を守ることは、子供のときから死ぬまで、生涯にわたって続けないといけないのです。

もうひとつ、老化の最大の原因が「活性酸素」です。

吸った空気の2%が活性酸素となって、体内の老化と病気を引き起こします。体の外から活性酸素を増やすのが“紫外線”で、体内から活性酸素を増やすのが“乱れた食生活”と“ストレス”です。

アンチエイジングは、いかに「活性酸素」でサビつかないようにするかにかかっています

サビつきを抑える「抗酸化物質」をきちんと食事から摂取することが大切です。

食べ物からとるのがもちろん理想的ですが、どうしても忙しい人はサプリメントも上手に利用しましょう。

僕自身も、顧問をしている『ARGON Co.Ltd』『パーフェクトサプリ+』【120粒入り8640円 】を飲んでいます。

ビタミンB群・C・D・E、DHA、dコエンザイムQ10、葉酸、ナイアシン…などのあらゆる抗酸化物質に加え、話題のトマトリコピン、クルクミン、アスタキサンチン、大豆イソフラボンまでもが一粒につまっています。

これらの成分をバラバラで買うと二万円近くしますが、『パーフェクトサプリ+』ならば月額およそ8000円で済みます。『ウコンの力』一本分のクルクミンも補給できますので、宴会シーズンにもぴったりです。

NPO法人日本サプリメント評議会から“安心安全マーク”も取得していますので、老若男女問わず「アンチエイジングしたいけど、何を飲んだらいいのかわからない・・・」という方におすすめです。

僕自身はかれこれ10年間毎日飲んでいます。

そのおかげか、某テレビ番組に出演した際に肌年齢を調べたところ、「-11歳」という結果でした。

ただし、サプリメントはあくまで補うもの。毎日の食生活が基本であることは変わりありません。

 

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、NHK「ひるまえほっと」、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞき見太郎」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和!」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「AERA」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」「ポコチェ」などの雑誌や、朝日新聞などのアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

独自の方法で-14kgのダイエットに成功したが、テレビ東京「大食い王選手権」では出場者の体調を見守る医師として出演し、“大食いなのにスリム”なフードファイター達を羨望の目で見ている。

また、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)は台湾語版も出版されている。

 


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV