健康のために水を飲んだ方が良いということは、みなさんご存知ですよね。

特に夏は水分が足りなくなって、熱中症になる人がいます。

水はすべての生命にとって欠かせない成分であり、60兆個の細胞からできている人間の体重も60%は水分です。

水がなかったら、血液やリンパ液が循環することができず、栄養素や酸素を運ぶこともできません。

 

このように、水が人間の体に非常に大切なものであることはまちがいないのですが、はたして一日にどれくらいの水を飲めば良いのでしょうか?

水分が減ると、血液がドロドロになるのは簡単に想像できますね。血液がドロドロになれば、脳梗塞心筋梗塞にもなりやすくなります。

また、ストレスが多かったり、肉食に偏っていて野菜をあまり食べない人は尿が酸性になりやすいのですが、そこに水分不足が重なると尿が濃縮され、尿路結石ができやすくなり、膀胱炎や膀胱がんにもなりやすくなります。

あるいは、水分が減ると便秘になりやすくなり、大腸がんのリスクも上がります。

それ以外にも、水を飲むことで歯周病や虫歯も予防できると言われていますし、胆石や緑内障の予防にも水分摂取が良いと言われています。

また、人体の中で最も水分が多い臓器は実は「脳」です。

脳の重量の85%は水です。水は脳の働きにも大きな影響を与えるものなのです。

大人の人間は一日あたり約2リットルの水分が体から失われていきます。尿となって出ていくのがほとんどですが、皮膚や肺からも出ていきます。

逆に体内で作られる水分もあります。それは「代謝水」と呼ばれ、一日あたり0.5~0.8リットル作られます。そのため、一日当たりおよそ1.5リットルの水分を補給してやれば良いという計算になります。

 

大きめのコップ1杯300㏄とすると、朝起きた時・毎食時・夜寝る前にコップ1杯ずつ飲めばちょうどピッタリです。

日本の浄水場の水道水は水質が厳密に管理されているので、飲み水として申し分ありません。

しかし、それでも「水道水だと塩素が入っているし、浄水場の水はきれいでも自宅近くの水道管は古くて水質が心配…。」という人は、浄水器をつけたりミネラルウォーターにしても良いでしょう。

ちなみに、緑茶・コーヒー・清涼飲料水は利尿作用があり、水分を逆に体から排出してしまう作用があるため、原則的に水分補給に向きません。

なるべく水そのものか、利尿作用のない麦茶などを飲むようにしましょう。

 

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞきみ太郎」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」「ポコチェ」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。

ほうれい線_カバーラフ2

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV