左の写真は僕が30歳くらいの頃のメタボ状態の写真で、右はダイエットをした後の“アフター”の写真です。

“ダイエットのためには、基礎代謝をあげるべし!”とよく言われますね。

さて、そもそも「基礎代謝」とは何でしょうか?

基礎代謝とは“運動などを特にしていなくても、体を維持するためだけに消費されるカロリー”のことです。車でいえば、アイドリングですね。

1日に必要なカロリーのうち、なんと70%はこの基礎代謝に使われています。

世の中には、“基礎代謝の高い人”と、“基礎代謝の低い人”がいます。

それが実は、“太りやすい人”、“太りにくい人”になります。

…では、“基礎代謝をあげる”にはどうすれば良いのでしょうか?

基礎代謝をあげるには、細胞を活性化させて、どんどんカロリーを消費させるようにすれば良いのです。

しかし、一口に“細胞”と言っても、人体にはいろんな細胞があります。

基礎代謝をあげるには、①筋肉、②骨、③腸、の細胞を活発化させることです。

一番良いのは、やはり筋肉です。

30歳を過ぎると、毎年約1%ずつ筋肉量が減っていきますので、そのぶん基礎代謝が下がっていきます。

“30歳を過ぎたら、太りやすくなった”という人が多いのはこのためです。

しかし、だからと言って急に「筋トレをしましょう!」というわけではありません。

通勤や通学の際に、エスカレーターとエレベーターを使うのをやめ、すべて階段で移動するだけで良いのです。

「階段をのぼる」という運動は、ヒップにある「大臀筋」と、太ももの「大腿筋」というとても大きな筋肉を使う運動で、速く行なうと実はランニングや水泳のクロールと同じくらいの運動強度があります。

1日5分間だけ、「階段をのぼる時間」を作ればそれで運動量は充分です。

「たったそれだけ?」と思われるかもしれませんが、JRの1フロア分をのぼるのに大体1o~15秒かかります。

そのため、1日20フロア分のぼる計算になります。連続5分でなくてかまわないので、駅や会社でなるべく階段を昇るようにしてみましょう。

スピードは速めに昇るとよりいいですが、ゆっくりでも「大臀筋」を使うことで、ヒップアップにもつながりますし、筋肉を動かすことで自然と骨も強くなり、ますます基礎代謝が上がります。

運動やスポーツ、筋トレの苦手な女性におすすめです。

 

 

アンチエイジングに関する知識の差が老化スピードの差になり、積み重なってやがて、同じ年齢でも“若く見える人”と“老けて見える人”の差になっていきます。

でも、「アンチエイジングしたいけど、どうしたらいいのかわからない!」という方も多いと思います。

アンチエイジングは決してむずかしいものではありません。

『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)

僕の著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)にはほうれい線対策エクササイズだけでなく、アンチエイジングの基本についても初心者にもわかりやすく解説しています。

ご興味のある方は読んでみてください。

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK「ひるまえほっと」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞきみ太郎」「その原因“X”にあり」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

自身もアンチエイジングに取り組んでおり、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV