紫外線は夏しか降り注いでいないと思っていませんか?

 

実は、秋も紫外線はたくさん降り注いでいます。

見た目の老化は、80%が紫外線を浴びた量で決まってしまいます。秋にUVケアをするかどうかで、見た目の老化スピードに差がついてしまいます。

紫外線で肌が老化するのは、紫外線が皮膚の中に「活性酸素」を増やすところです。

活性酸素は、皮膚の細胞のDNAにダメージをあたえ、その結果シミが増えたり、コラーゲンを破壊したり、ニキビの原因になったりする“諸悪の根源”の物質です。

 

しかし、活性酸素を増やすのは紫外線だけではありません。

大気中の有害物質や、放射線、喫煙、ストレス、肥満などでも増えます。

喫煙者にシワが多いのはこのためですし、ストレスがたまるとニキビが増えるのも“活性酸素が増えるから”なのです。

日焼け止めを塗ることももちろん大切ですが、体内で活性酸素を増やさないようにすることも大切です。いわば「体の中からの紫外線対策」とも言えます。

 

そのためには、活性酸素をやっつける「抗酸化物質」をたくさん食べることです。抗酸化物質の代表は、なんと言っても「ビタミンC」です。皮膚にできた黒色メラニンを、無色化する作用もあります。

さらに、ビタミンB・E、βカロテン、ポリフェノール、DHA・EPA、コエンザイムQ10、ルテイン、食物センイなどもすべて「抗酸化物質」の仲間です。

どの抗酸化物質も、基本的に「緑黄色野菜(トマト・ブロッコリー・ピーマンなど)・果物(りんご・みかんなど)・海藻類(ひじき・わかめなど)・魚(いわし・さんま)」などに多く含まれています。

食べ物からとるのがもちろん理想的ですが、どうしても忙しくて間に合わない場合は、サプリメントも上手に利用しましょう。

 

 

アンチエイジングに関する知識の差が老化スピードの差になり、積み重なってやがて、同じ年齢でも“若く見える人”と“老けて見える人”の差になっていきます。

でも、「アンチエイジングしたいけど、どうしたらいいのかわからない!」という方も多いと思います。

アンチエイジングは決してむずかしいものではありません。

『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)

僕の著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)にはほうれい線対策エクササイズだけでなく、ダイエットも含めたアンチエイジングの基本についても初心者にもわかりやすく解説しています。

ご興味のある方は読んでみてください。

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK「ひるまえほっと」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞきみ太郎」「その原因“X”にあり」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

自身もアンチエイジングに取り組んでおり、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV