肌がきれいな人は健康にみえ、逆に肌がシミ・しわだらけだと不健康そうにみえます。

見た目が若いと内臓も本当に健康なのでしょうか?

そうだとしても、それを確かめる方法などあるのでしょうか…?

 

2009年11月、ある壮大な実験の結果がデンマークで発表されました。

どんな実験かというと…。

まず、70歳以上の1826人の双子を集めます。双子のうち“若く見えるほう”と“老けて見えるほう”の二グループにわけるのです。双子は遺伝子が同じですが、70歳も過ぎると見た目の年齢差は発生しています。

そして、7年後の死亡率を比較します。

双子ですので、死亡率も大きな差がないはずなのですが…。

結果はまったくちがいました。

同じ双子でも、老けてみえるグループのほうが、死亡率が2倍近くも高かったのです。

なぜこのようなことが起きたのでしょうか?

 

見た目の老化と、内臓の老化は、どちらも同じ原因で進行します。

その原因とは“活性酸素”という毒です。

紫外線を浴びると、しみ・しわ・たるみが増えるのは、紫外線によって大量の活性酸素が皮膚の中に発生するからです。

一方、内臓はどうでしょうか?

人間の吸った空気のうち、2%が活性酸素に変わります。

体内に発生した活性酸素は、内臓を少しずつサビつかせていきます

たとえば、脳がサビれば脳卒中やアルツハイマー病になり、血管がサビれば高血圧や動脈硬化になり、眼球がサビれば黄斑変性症というこわい眼病になるのです。

つまり、見た目の老化も、内臓の老化も、同じ“活性酸素によるサビつき”が原因なのです。

だから、進行も同じになります。

 

見た目が老けていると、内臓まで不健康であるとは不公平極まりないですね。

しかし、裏を返せば「内臓の健康が見た目の若々しさを作る」ということにほかなりません。スキンケアだけに気をとらわれることなく、カラダの内面と外面の両方からアンチエイジングしましょう。

アンチエイジングに関する知識の差が老化スピードの差になり、積み重なってやがて、同じ年齢でも“若く見える人”と“老けて見える人”の差になっていきます。

でも、「アンチエイジングしたいけど、どうしたらいいのかわからない!」という方も多いと思います。

アンチエイジングは決してむずかしいものではありません。

『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)

僕の著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)にはほうれい線対策エクササイズだけでなく、ダイエットも含めたアンチエイジングの基本についても初心者にもわかりやすく解説しています。

ご興味のある方は読んでみてください。

 

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK「ひるまえほっと」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞきみ太郎」「その原因“X”にあり」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

自身もアンチエイジングに取り組んでおり、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV