“植物性○○”と言われると、なぜか安心で安全のような気がしてしまいますね。しかし、そこには大きな落とし穴があることがあります。

たとえば、最近ですと「プエラリア」「ガウクルア」を主成分とする健康食品をときどき見かけます。これらは“プエラリア・ミリフィカ”という植物素材を配合し、「豊胸」「美肌」「若返り」「更年期障害の改善」などの効果がうたい文句になっています。

プエラリア・ミリフィカには女性ホルモンと同じ作用をする物質が多く含まれているので、それがこれらのうたい文句の根拠となっているようです。

プエラリア・ミリフィカは、タイ北部のマメ科の植物で、タイでは“白ガウクルア”と呼ばれます。

デオキシミロエステロール、ミロエステロール、ダイゼイン、プエラリン、クメステロールといった、エストロゲン(女性ホルモン)作用の強い成分が多く含まれています。これらを総称して、“植物性エストロゲン”と言います。

これらの成分は本当に効果があるのでしょうか?また、そもそも安全なのでしょうか?

実際、プエラリア・ミリフィカによって、善玉コレステロールが上がり悪玉コレステロールが下がったという報告や、更年期症状が緩和されたという報告はあります。

しかし、プエラリア・ミリフィカによって肝機能障害を起こし死亡した例や、動物実験でプエラリア・ミリフィカが乳がん細胞の増殖を亢進させたという報告もあるのです。

プエラリア・ミリフィカを含んだ健康食品は多く出回っており、規格や品質の異なる多くのものがあるため、誰でも同じような効果が期待できるとは言えません。しかも、エストロゲン作用も個人差が大きく、逆に効果が過剰に現れてしまう人が出てくる可能性もあります。

プエラリア・ミリフィカは“植物性”でありながら、現時点では安全な摂取量も不明ですし、有効性も不明です。女性ホルモン作用が非常に強いことがその原因で、少なくとも妊娠中・授乳中の女性や、小児の利用は避けた方が良いでしょう。

それに比べて、大豆イソフラボンは女性ホルモン作用が1/4から1/20穏やかで乳がんを予防する作用や心筋梗塞を予防する作用があることがわかっています。

そのため、アンチエイジングには大豆イソフラボンのほうがはるかにおすすめです

“植物性なら安心”という安易なイメージや宣伝文句にまどわされず、正しい知識を持ってアンチエイジングしましょう。

毎日バランスの良い食事をするのが理想的ですが、どうしても忙しくて時間がない場合は、サプリメントも上手に利用しましょう。

 

アンチエイジングは決してむずかしいものではありません。

『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)

僕の著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)にはほうれい線対策エクササイズだけでなく、ダイエットも含めたアンチエイジングの基本についても初心者にもわかりやすく解説しています。

ご興味のある方は読んでみてください。

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK「ひるまえほっと」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞきみ太郎」「その原因“X”にあり」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

自身もアンチエイジングに取り組んでおり、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV