日本人は65歳を超えると、100人中7人がアルツハイマー病になります。

しかし、「自分はまだアルツハイマー病になる年齢じゃないから関係ないや。」と思っていませんか?

アルツハイマー病に限らず、多くの病気はある日突然なるわけではありません。

30歳を超えたあたりから、気づかない間に少しずつ少しずつ、確実に体がサビついていき、そのダメージがある限界を超えたとき、症状が出てくるのです。

つまり、症状が出るころには、かなりサビついているということなのです。

その点は病気も老化も同じです。

サビつきの原因は“活性酸素”です。

活性酸素とは、人間が呼吸するたびに体内に発生し、人間の体をサビつかせていき、老化と病気を引き起こす“諸悪の根源”の物質です。

人間がかかる病気の90%は、このサビつきが原因と言われています。

人間が吸った酸素の20%が脳で消費されるので、それだけ脳はとても“サビつきやすい”のです。

残念ながら、アルツハイマー病はまだ治療法がありません。

30歳前後のうちから、脳をサビつかせないようにしておくことがなにより大切です。

ではどうすれば良いのでしょうか?

大切なのは、脳をサビつきから守ってくれる「抗酸化物質」を摂取することです。

一口に抗酸化物質といってもたくさんありますが、アルツハイマー病予防に良いとして今最も注目されているのが「クルクミン」です。ウコンと呼んだ方がなじみ深い人もいるかもしれませんね。

宴会シーズンによくCMに出てくるドリンク剤の成分としても有名ですね。

実はカレーの香辛料のひとつです。

インド人はアルツハイマー病にかかる人が少ないのですが、それはカレーを多く食べるからではないかと言われています。

また、まぐろなどに含まれている魚脂の「DHA・EPA」や、に含まれている「アスタキサンチン」もクルクミンと同じく、脳をサビつきから守ってくれます。

そのほか、ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10なども活性酸素をやっつけてくれる、“抗酸化物質”です。

脳に限らず、見た目の老化も活性酸素のサビつきが原因です。

つまりサビつきから身を守ることは、アルツハイマー病の予防になるだけではなく“見た目の老化も抑える”ことでもあるのです。

かといって「毎日カレーとまぐろと鮭を食べるべし!」と言われても、ほぼ不可能ですね。

カレーは実は糖質が多めなので、毎日食べると太る可能性もあります。

老化を食い止めるには毎日バランスの良い食事をするのが理想的ですが、どうしても忙しくて時間がない場合は、サプリメントも上手に利用しましょう。

 

アンチエイジングは決してむずかしいものではありません。

『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)

僕の著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)にはほうれい線対策エクササイズだけでなく、ダイエット等も含めたアンチエイジングの基本についても初心者にもわかりやすく解説しています。

ご興味のある方は読んでみてください。

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK「ひるまえほっと」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞきみ太郎」「その原因“X”にあり」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」などの雑誌のアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

自身もアンチエイジングに取り組んでおり、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV