温泉地に住んでいて毎日温泉に入っている方は肌がきれいですし、温泉に入るとやはり肌がとてもきれいになるのがわかります。

これはなぜでしょうか?

 

温泉のもつ効果で大切なのが「ピーリング作用」です。

“ピーリング”というのは“皮をむく”という意味です。

老化すると、皮膚の新陳代謝スピードが遅くなります。そして、汚くて古い角質がたまっていき、くすみや乾燥の原因になります。

温泉は弱アルカリ性か弱酸性なのですが、これが古い角質を溶かして“むいて”くれます。余分な角質が溶ければ、新しい肌が再生してきます。

小学生の頃、10円玉に水酸化ナトリウムをかけると表面が溶けて、ピカピカになる実験をしませんでしたか?あれと同じようなものです。

温泉に入ると肌がヌルッとするのは、角質が溶けたからなのです

ケミカルピーリングで非常に肌がきれいになるだけではなく、コラーゲンを増やす作用もあります。

しかし、温泉旅館のスタッフさんでもない限り、なかなか毎日温泉に入るのは難しいですね。そういう場合は、美容クリニックで行なっている「ケミカルピーリング」でも同様の効果があります。

 

4000年前にクレオパトラもフルーツ酸を使ってすでにピーリングをしていたと言われています。

しかし、繰り返し行なわないといけませんし、クリニックで受けると一回につき約5000円とけっして安くはありません。

ただ、最近はネットなどで家庭用ケミカルピーリング剤が気軽に買えるようになりました。

 

おすすめなのは、ARGON社の家庭用ピーリング剤『Pro-PEELソープ』です。

僕もこれで3~5日に一回はピーリングをしています。

50回ピーリングができて4104のなので、コスパも十分です。

 

激安とまでは言えませんが、なるべく自宅で手軽にアンチエイジングしたいというコスパ重視の方におすすめです。

僕自身もずっと使っていて、もはや数年来の付き合いになります。

(※渋谷駅から徒歩2分の『ドクタークリニック』https://www.drclinic.top/にて扱い中です。)

 

【澤田彰史 プロフィール】

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医・日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。

医師の業務を傍ら、NHK「ひるまえほっと」、日テレ「世界一受けたい授業!」「ヒルナンデス!」「有吉ゼミ」「スポーツジャングル」、NHK-BSプレミアム「女神☆ヴィジュアル」、TBS「駆け込みドクター」「白熱ライブ ビビット」「サタデープラス」「ゴゴスマ」、フジテレビ「バイキング」「ニッポンのぞき見太郎」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」「モーニングバード」、テレビ東京「なないろ日和!」「ソレダメ!」などのテレビ出演のほか、「美ST」「日経ウーマン」「日経ヘルス」「サライ」「週刊女性」「女性セブン」「夕刊フジ」「日刊ゲンダイ」「からだにいいこと」「夢21」「わかさ」「レタスクラブ」「ホットペッパー」「ポコチェ」などの雑誌や、朝日新聞などのアンチエイジングの記事でも活躍。

フジテレビ「ネプリーグ」や、テレビ朝日「Qさま!」ではクイズの回答者としても出演。

独自の方法で-14kgのダイエットに成功したが、テレビ東京「大食い王選手権」では出場者の体調を見守る医師として出演し、“大食いなのにスリム”なフードファイター達を羨望の目で見ている。

また、肌年齢測定装置「ロボスキンアナライザー」では、シミの量が“実年齢-11歳”という診断結果が出た。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)は台湾語版も出版されている。


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、日本形成外科学会専門医、NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、外科手術・レーザー治療から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。
 
関連記事

美容天気TV