紫外線は皮膚のDNAにダメージをあたえるだけでなく、皮膚の中に有害物質である、“活性酸素”も増やします。

紫外線と活性酸素の“ダブルのダメージ”で、シミ・しわ・たるみができるのです。

しかし、一生紫外線を浴びないワケにもいきませんし、日焼け止めを塗っていても、100%紫外線をカットできるわけではありません。

…ではどうすれば良いのでしょうか?

 

DNAが受けたダメージが老化の原因なのですから、そのダメージを修復すれば良いのです。

DNAのダメージを修復することができる、数少ない物質が“ビタミンC”です。ビタミンCが「美肌のサプリ」と言われるのはこのためです。

 

しかし、ビタミンCのサプリだけではなく、皮膚に直接入れられたら良いですね。

しかし、ビタミンは皮膚から吸収されません。昔、レモンやキュウリを顔に貼り付ける“パック”をしている人がいましたが、あれは全く効果がないのです。

…では皮膚にビタミンを直接入れることはできないのでしょうか?

 

できます。

ビタミンを化学的に変化させ、皮膚に浸透するようにした物質が「ビタミン誘導体」です。

「ビタミン誘導体」を顔に塗ると、肌に浸透していき、肌の中でビタミンに変身し、紫外線のダメージを修復してくれます。また、活性酸素もやっつけてくれます。

紫外線を浴びないことが第一ですが、毎日「ビタミン誘導体」入りの化粧水やクリームを塗っている人と、そうでない人では老化スピードは明らかにちがってきます。

 

おすすめのビタミン誘導体は、『アスコルビン酸リン酸エステル(NaまたはMg)』や『イソパルミチン酸アスコルビル(VCIP)』などです。

いずれもクリニック仕様のドクターズコスメにしか含まれておらず、しかも高価なのが難点ですが、効果も抜群です。

 

逆に、ビタミン誘導体の一種でありながら “アスコルビン酸グルコシド”だけは要冷蔵ではなく、市販の激安化粧品に含まれています。しかし、残念ながら肌でビタミンに変化せず、効果がないことがわかっています。

スキンケア用品を選ぶ際に“アスコルビン酸グルコシド”だけは効果がないのでさけましょう。

 

僕が顧問をしているARGON社の『Pro-VCローション』と『Pro-ACEクリーム』には、高級ドクターズコスメと同様の保湿成分と、非常に効果的な『ビタミン誘導体』も入っていながら、通常の1/2~1/3程度の価格になっています。

「紫外線による肌の老化や乾燥が気になるけど、あまりお金はかけられない…。」という方には非常におすすめです。

僕自身もすでに5年以上これでアンチエイジングを続けています。ARGON『Pro-VCローション』ARGON『Pro-ACEクリーム』

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】
東京警察病院医師。
NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。
警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。
日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。

医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】
http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX