「美容天気」ご愛読者の皆さま、こんにちは。
ワインエキスパート&チーズプロフェッショナルのTomokoです。

今年は梅の開花は遅かったものの、一雨ごとに暖かさが増してきました。
もうすぐ関東でも桜の開花が始まりそうです。
いよいよ待ちに待った春本番です!
日本の春と言えば「桜」なくしては語れませんね。

そこで今回は日本の美しい春、桜の咲き乱れる時期にピッタリの
ワインとチーズをご紹介します。

 

まずは桜とマリアージュするワイン!
桜のラベルが印象的で、美しいピンク色のロゼワイン

 

作り手のドメーヌ・シュヴロは、フランスで有名なワイン生産地
ブルゴーニュ地方、コート・ドール(黄金の丘)地区の南玄関口
シェイイ・レ・マランジュ村の中心にあります。
3代目パブロさんは15年も合気道をたしなむなど、日本通でもあります。
そして奥様は、日本人の”かおりさん”!これだけでも親近感がもてますね。

この“Sakura”を造るきっかけは・・・
日本で桜が美しく咲いている記事を見た奥さまが
桜と一緒に桜色のロゼ・ワインを飲めたらなんて素敵なことだろう!
ご主人に想いを打ち明けたところ、日本好きなご主人のこと、きっとすぐに
奥さまのイメージするワインをわかったのでしょう、そして
この
ロゼ・ワインは生れたのだと思います。

私はこの”Sakura”のワインはやっぱり、日本人の奥さま「かおりさん」と
日本通である「パブロさん」だったから造れたワインなのだと思います。
日本を想うご夫婦の想いがたくさん込められたロゼ・ワイン
そしてこの“Sakura”は桜の時季に楽しむための限定生産!

このご夫婦の想いが詰まったワインは、キレイな桜色のカラー、桜のラベル
チェリーやイチゴなどのフルーティーな
香りが立ち上り、平均樹齢25年の
ブドウから作られる味わいは、その香りとは印象が異なりドライでキリリとしていました。

このワインは、魚介類やスパイスのきいたお料理に合うと思います。
ちなみに私はアサリと豚肉のアレンテージョと合わせましたが、パプリカの
スパイス感とマッチして、とっても美味しかったです。
桜の咲く時期を待てずに、私はもう飲んじゃいました(笑)

 

そして次は、桜にマリアージュするチーズ!
その名も「さくら」です。

 

北海道上川郡新得町にあるチーズ工房で造られているチーズです。
このチーズ誕生の想い、それは日本独自のものを造りたいということ。
そして思いついたのが「桜の花」をチーズの上にのせることでした。

概観はソフトな白色なので、白カビチーズと思いきや、酵母を使って熟成させています。
そしてチーズの上には「桜の花」が、チーズの下には「桜の葉」がそえられていて
何とも可憐で清楚な印象を受けます。
そんな可愛らしい「さくら」季節限定のチーズです!

口に含むとふわっと桜の香りが広がり、ほのかな酸味とフレッシュ感に加え
上品な塩味も感じられる味わいです。
より「さくら」のチーズを美味しく食べるには、20~30分くらい前に
冷蔵庫から出しておくと、その香り、味わいが引き立ちます。

 

Sakuraのワインとさくらのチーズ

桜の花を観賞しながら「SAKURA/さくら」のワインと
チーズを楽しめたら、桜の花も悦んでくれそうですね♪
四季を楽しむ日本人の心がたっぷりつまった
この「マリアージュ」
ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

安田 智子 / Tomoko Yasuda
Wine&Spirit Education Trust認定
International Higher Certificate
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート
チーズプロフェッショナル協会認定
チーズプロフェッショナル
チーズプロフェッショナル協会認定 チーズ検定講師


The following two tabs change content below.
TOMOKO

TOMOKO

安田 智子 / Tomoko Yasuda 日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート Wine&Spirit Education Trust International Higher Certificate/ チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル チーズプロフェッショナル協会認定チーズ検定講師
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX