ドイツ国家公認ジュエリー宝飾マイスターの武市知子(satoko)です。

先週は、スターリングシルバーを紹介しましたが、今回は18金のお話です。

シルバーと同じく、ジュエリーで、「ゴールド」といえば、それは純金のことをさすのではなく、金、銀、銅の3つの金属からなる合金のことです。

(ホワイトゴールドにはそこにまた1種類金属が加わります)

この際に、「純金」の配分率によって、「18金「14金」「22金」などと区別されているのですが、この18とか、14とかの数字はなんなのでしょうか。

これは、24金を100%(純金)として計算した場合の比率。

つまり、18金とは、24分の18、14金は、24分の14純金が入っていますよ、という意味なのです。

「なんだかわかりづらい、、、、」

と思った方。

18金のほかに、インポートジュエリーなどで、750、というような表示をみかけたことはありませんか?

ヨーロッパでは、18K、14Kではなく、750、585、と刻印されています。

これは1000を100%として、1000分の750、1000分の585だけ、純金がはいっていますよ、ということ。

こちらのほうが少しわかりやすいでしょうか。

(因みに、18金=750、14金=585)

75%純金で、その他が銀と銅であれば18金、ということになりますが、この場合、銀と銅が大体半分ずつであれば、いわゆるイエローゴールドに、銅の割合が多くなれば、ピンクゴールド、レッドゴールドになります。

金以外の金属の配分をかえることによって、カラーバリエーションをつけているのです。
来週は、ホワイトゴールドの正体にせまります。お楽しみに。

ミュンヘンより愛をこめて

武市知子
ジュエリー宝飾作家(ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター)
ドイツ在住

terra auri(テラ・アウリ)
jewellery art

www.terraauri.com
http://plaza.rakuten.co.jp/terraauri/(ブログ)

イエロ-ゴールド18金     


The following two tabs change content below.
SATOKO

SATOKO

武市知子 (Satoko Takeichi) 【資格・免許】 ドイツ国家公認宝飾細工師マイスター 【役職】 バイエルン州金細工師協会本会員 terra auri jewellery art 代表
SATOKO

最新記事 by SATOKO (全て見る)

 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX