肌のハリの元になるコラーゲンは、年齢とともに減少していきます。そして、しわやたるみができていくのです。

そのため、肌のハリを保ち、しわやたるみを予防するたには、コラーゲンを補ってやることが大切です。しかし、コラーゲンを塗りこんでも皮膚に浸透しないことはもうみなさんご存じですよね?

物質が皮膚に浸透するためには、分子の大きさが500ダルトン(分子量をあらわす単位)以下でないといけません。

 

たとえば、いわゆる普通の「動物性コラーゲン」は、30~40万ダルトンです。とうぜん、皮膚に浸透するはずがありませんね。

 

「海洋性コラーゲン」は、低分子と言われていますが、それでも10万ダルトンです。やはり皮膚には浸透しません。

 

「加水分解コラーゲン」は、1万ダルトン

 

「コラーゲンペプチド」でも、3000~5000ダルトン。まだ浸透できません。

 

では、「低分子コラーゲン」はどうでしょうか?

実は「低分子コラーゲン」でも500~1000ダルトンの分子量です。やはり500ダルトンより大きいのです。

やはり、コラーゲンを外から補うことはできないようですね。

 

しかし一方、肌のコラーゲンを増やすことが科学的に証明されているものがあります。

それが「フルーツ酸」です。

フルーツ酸は弱い酸で「ケミカルピーリング」に使われます。

効果抜群のピーリングですが、美容クリニックなどで受けると一回約5000円と決して安くはなく、しかも何度も受けないといけないので、通院の手間もかかります。

 

ARGON社から、家庭用のピーリング剤『Pro-PEELソープ』が発売されています。ピーリング約50回分の大容量ながら、3990円と非常に安価です。ピーリング一回あたり80円で済みます。

「ピーリングしたいけどコストをかけたくない。」という人にはぜひおすすめです。

 

ピーリングと同じく『ビタミン誘導体』も肌に浸透してコラーゲンを増やすことがわかっています。

ピーリングで角質が落ちると、ビタミン誘導体の浸透がさらに良くなります。同じくARGON社の『Pro-ACEクリーム』『Pro-VCローション』にはビタミン誘導体が入っているので、『Pro-PEELソープ』と一緒に使うと、相乗効果で美肌効果が格段にアップします。

こちらも通常の1/2~1/3の価格で非常に買いやすくなっています。

僕自身もずっとこの3つを併用して、肌のアンチエイジングをしています。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 澤田彰史 医師

【著者プロフィール】

 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。

日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。 医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

 同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】 http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX