こんにちは。管理栄養士・国際薬膳師の文子です。

 

日本ではすでに梅雨明けした地域もあるようですね。

私が住む上海でも、38度を超え、体感温度はなんと50度近くあるくらい『夏本番』が目前です。

 

暑い天気だと、体内の水分が沢山消耗されますので、水分補給が非常に大切です。

「のどが渇いた~」と感じる前にこまめに水やお茶を飲んでおくことが水分補給のコツです。のどが渇いたと感じてからでは、すでに脱水状態であることも。

 

◇水分補給のタイミング:

寝る前、起きたとき、お風呂の前後、汗をかいたときなど。

 

◇どんなものを飲めばよいか:

ミネラルウオーターやお茶など。

スポーツの後や発熱時にはスポーツドリンクが最適。

ビールやコーヒーはかえって利尿作用があるので、水分補給を目的の時は控える。

 

◇飲み方:

イッキにがぶ飲みしても吸収されにくいので、ゆっくり噛むように飲む。

 

汗をかくのがイヤだからと、水分を摂らないようにする人もいますが、汗は「体温調節」をするものなので、身体の中の水分量とは関係なく出てきます。

つまり、脱水状態でも汗は出るのです。

 

1日約2リットル程度の水分が必要と言われています。

飲めば飲むほど良いというわけではなく、飲み過ぎはよくありません。

 

砂糖の多い清涼飲料や冷たい飲み物の飲み過ぎには注意しましょう。


The following two tabs change content below.
大倉 文子
管理栄養士 国際薬膳師 中国茶芸師 Sunset事務所所属(栄養・薬膳・天気別栄養学執筆中) ハーブ薬膳Ayako 代表(薬膳茶開発、販売、カウンセリングなど)
大倉 文子

最新記事 by 大倉 文子 (全て見る)

 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX