漢字から少し推測できますが、「“風”が吹くだけでも“痛”い」という、とてもつらい病気です。

…どうしてこんな病気が起きるのでしょうか?

 

原因は「尿酸」という物質です。

普通は、尿といっしょに排出されるのですが、尿酸が増えすぎると、尿酸がかたい結晶を作り、これが関節にくっつき、痛みが発生するのです。

特に痛くなりやすい関節は「足の親指のつけ根」です。

どういう人が痛風になりやすいのかと言うと、①ビールをよく飲む人、②グルメな人、③大食いの人です。

ちょうど「30代以降の男性」が最も多いのです。

足の親指に激痛が続くようなら、内科か整形外科を受診しましょう。

 

ちなみに、女性は痛風にはなりにくいです。女性ホルモンに「尿酸の排出をうながす作用」があるためです。ところが最近、痛風の女性患者さんが増えているといわれています。

…なぜでしょうか?

 

それは、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが正しく働いていないのが原因の一つとして考えられます。

ストレスによってビタミンCも消費されてしまうので、肌にも非常によくありません。

痛風の女性は、ストレスによってホルモンバランスが崩れている可能性があるのです。

 

痛風は、18世紀のヨーロッパの貴族の間でも流行していたといわれています。

彼らは、ワインやお肉、フォアグラをたくさん食べては、痛風の痛みでもがいていました。そして、なぜか効くと信じられていた“オウムの血”を足に塗って耐えていたそうです!

もちろん、オウムの血を塗ってもまったく効果はありません

 

知識がないというのは本当に悲しいことですね。

アンチエイジングも同じです。正しい知識がある人と、ない人では老化スピードがまったく違います。

たとえば世間には、正しい知識を持たないがために、無意味なサプリを飲んでいる人もたくさんいます。

効果のないものをいくら飲んでも、お金がかかるばかりで何の意味もありません。

 

僕が顧問をしているARGON社の『パーフェクトサプリ』は、食物センイ『りんごペクチン』のほか、ビタミンA・B群・C・D・Eと、コエンザイムQ10、トマトリコピン、葉酸、ナイアシン、DHA、ポリフェノール…などの18種類のあらゆる抗酸化物質がたった一粒にギュッとつまって、月額7500円と一日あたり220円で比較的買いやすい値段になっています。

僕自身も、2007年の発売以来ずっと「パーフェクトサプリ」を飲ませていただいています。

美肌やアンチエイジングをめざす人のみならず、「アンチエイジングもしたいけど、どのサプリを飲めば良いのかわからない。」という方にもおすすめです。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】

東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。

日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。 医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】 http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX