言われてみれば、そんな気がしませんか?

本当のところはどうなのでしょうか…?

そもそも、そんなことを調べる方法ってあるのでしょうか?

 

2009年11月、ある壮大な実験結果の発表がデンマークで行なわれました。

どんな実験かと言うと…。

70歳以上の1826人の双子を集めてきて、双子のうち“若く見えるほう”と“老けて見えるほう”の二組にわけるのです。双子は遺伝子が同じですが、70歳も過ぎると見た目の年齢差は発生しています。

そして、7年後の死亡率を比較します。

双子ですので、同じような割合で死亡しているはずなのですが…。

結果は全く違いました。

同じ双子でも、老けてみえるほうが、死亡率が2倍近くも高かったのです。

 

見た目の老化と、内臓の老化は、どちらも同じ原因で進行します。その原因とは、“活性酸素”という毒です。

紫外線を浴びると、しみ・しわ・たるみが増えるのは、紫外線によって大量の活性酸素が皮膚の中に発生するからです。

一方、内臓はどうでしょうか?

人間の吸った空気のうち、2%が活性酸素に変わります。

体内に発生した活性酸素は、内臓を少しずつサビつかせていきます。

たとえば、脳がサビれば、脳卒中やアルツハイマー病になり、血管がサビれば、高血圧や動脈硬化といった老化現象を起こすのです。

 

つまり、見た目の老化も、内臓の老化も、同じ“活性酸素”が原因なのです。

だから、進行も同じになります。

“内臓が老化しているのに、見た目が若い”ことはなく、その逆もまた然りなのです。

それが今回の実験で、統計的に証明されたというわけなのです。

 

僕が飲んでいる、ARGON社の『パーフェクトサプリ』にはビタミンC・E・コエンザイムQ10などの抗酸化物質に加え、大切な食物センイも含んでいます。

30歳を過ぎて、「見た目と内臓の両方のアンチエイジングをしたいけど、何を飲んだらいいのかわからない…。」という方にもおすすめです。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】

東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。

日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。 医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】 http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX