カイロプラクター佐々木慎悟です。

 

カイロプラクティックって何歳から受けられるの?

 

などと聞かれることがありますが、

その答えは「生まれた瞬間」からです!

 

もっと言ってしまえば、お母さんのお腹の中にいる頃から母体を通してカイロのケアを受けることだって可能です!

 

小児カイロというのは日本ではまだほとんど馴染みのない言葉ですが、アメリカでは当たり前のように子供たちがカイロプラクティックのケアを受けています。

 

きちんと知識と技術を持った方が行えば、カイロは安全で体への負担も少ないものです

から子供でも安心して施術を受けて頂けます。


 

 

 

 

 

 

では、子供にもカイロプラクティックのケアが本当に必要なのでしょうか?

 

むしろ子供の方が必要だと言えるでしょう!

成長過程にある子供にとって、背骨の歪みや神経バランスの乱れは、体や頭脳、精神の成長に大きな影響を与えます。

 

特に赤ちゃんは生まれてから4ヶ月くらいの間に著しく成長します。

人の成長という観点で見れば最も密度の濃い時間であり、人生の中で最も重要な4ヶ月間といっても過言ではありません。

この大事な期間に筋骨格系、及び神経の状態がきちんと整った状態で過ごさせてあげることは、その後の健康で最適な成長や発達には欠かせないものとなります。

 

赤ちゃんでも体は歪ものなの!?

 

出産が母体に大きな負担を与えるのと同様に、赤ちゃんにも大きな負担となります。

難産であれば、尚更のことですです。

 

赤ちゃんが産道を通る際にかかる圧力というのは頭蓋骨脊柱歪みを与えるのに十分な負担です。

またお母さんの骨盤の歪みなどにより、子宮が圧迫されて、それが赤ちゃんの歪みに繋がることもあります。

頭蓋骨脊柱歪みサブラクゼーション)があると、神経機能免疫機能の低下にも繋がります。

 

ここで骨格の歪み神経機能の異常によって、実際には赤ちゃんにどんな症状が起こり得るのか挙げてみたいと思います。

 

・夜泣きがひどい

・発達障害

・おっぱいがうまく飲めない

・体の動きがぎこちなく、疲れやすい

・ひどく落ち着きがない

・体重が増えない

・中耳炎や便秘を繰り返す

 

カイロプラクティックのケアによって障害を起こしていた歪みを取り除き、背骨の動き神経機能が改善されると、体の緊張が取り除かれ、関節や筋肉がバランス良く動くようになったり、脳や神経の働き、そして免疫力治癒力も高まります。

その結果としてより良い成長に繋がるわけです。

 

 

大人の体のケアは、言ってしまえばもう出来上がってしまったのものの修正、修復であるのに対し、子供の体のケアはその子の将来を大きく左右することにもなり得ます。

 

日本ではきちんとした小児カイロのケアを提供できるカイロプラクターはごくわずかしかいませんが、特にお子さんのいらっしゃる方は知識として骨格の歪みが成長に与える影響について知っておいてもらえたらと思います。

 

*(今回のコラムは私の知り合いのカイロプラクターの方のブログからいくつか言葉を引用させて頂きました。)
子どもをめっちゃ健康に!

 

 
過去のカイロプラクティックに関するコラム

 

佐々木慎悟,DC(Doctor of Chiropractic)

10代で渡米し、アメリカカイロプラクタードクターライセンスを取得。ロサンゼルスでの臨床経験っを経て帰国し、日本でトップアスリートプロのアーティストなどのケアも手がける。

日本における筋膜リリース最先端施術としても注目されているグラストンテクニック講師を務める。

東京横浜にて施術を行っています。

ご質問や施術に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。


The following two tabs change content below.
佐々木 慎悟

佐々木 慎悟

ご質問や施術に関するお問い合わせhttp://form1.fc2.com/form/?id=759486
DC(Doctor of Chiropractic)/ 10代で渡米し、アメリカでカイロプラクターのドクターライセンスを取得。ロサンゼルスでの臨床経験っを経て帰国し、日本でトップアスリートやプロのアーティストなどのケアも手がける。 日本における筋膜リリースの最先端施術としても注目されているグラストンテクニックの講師を務める。  東京と横浜にて施術を行っています。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX