夏は少しの運動でも汗をかくため痩せやすく、逆に冬は太りやすい気がしてしまいますね。

 

しかし、実は逆です。夏よりも冬のほうが基礎代謝が高く、やせやすいのです。

基礎代謝とは、運動をしていなくても細胞を維持するためだけに消費されるカロリーのことです。一日の消費カロリーのうち、実に70%がこの「基礎代謝」です。

冬は気温が低いので、体温を保つために人体はいっしょうけんめいカロリーを燃やして熱を作ります。だから、冬のほうが基礎代謝が高くなります。

……ではなぜ「冬は太りやすい」と思われているのでしょうか?

 

それにはふたつの原因があります。

 

①ひとつは「運動不足」です。

冬は寒いため、どうしても外に出て運動をしたり、歩く時間が短くなりますね。年末年始のお休みで寝正月してしまうこともあります。

では、冬に運動不足にならないためにはどうすれば良いのでしょうか?

一番のおすすめは、エスカレーターやエレベーターを使わずに、階段を使うことです。階段をあがる運動は、「大腿四頭筋」と「大臀筋」という大きな筋肉を使う運動で、実はキツめの運動なのです。

一日5分間は階段をあがる時間を作るようにすると良いでしょう。

 

②ふたつめは「暴飲暴食」です。

年末年始は宴会が多く、摂取するカロリーが増えがちです。

宴会のときは、お酒の量よりも「つまみ」に注意しましょう。

揚げ物・肉類・炭水化物はなるべく避け、サラダ・キノコ類・筍・こんにゃく・しらたき・海藻類(ひじき・わかめ・昆布など)など、「食物センイ」の多いつまみを食べるようにすればだんぜん太りにくくなります。食物センイはたくさん食べてもカロリーが限りなくゼロに近いので、安心して食べましょう。

逆に、シメのラーメン・うどん・お茶漬けなどの炭水化物は、ひかえると良いでしょう。

 

標準体重ならばあまり気にする必要はありません。しかし、太りすぎると体内の活性酸素が増えて体のサビつきが進行し、老化が進行します。

「肥満=老化」と思って注意しましょう。

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】 東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。 日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。

医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】 http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX