理想的なダイエットとは、食べる量を極端に減らして、急激に体重を減らすことでは決してありません。

「理想体重をムリなく維持できる、食事量をこころがける」というのが理想的なダイエットです。

そのため、即効で体重減少を望むことはできず、非常にゆっくりと体重を落とすことになります

 しかし、「この季節にそんな悠長なことを言っていられない!」とおっしゃる方も多いでしょう。

そんな場合は、「置き換えダイエット」が良いでしょう。

一日三食のうち、二食をいわゆる「置き換えダイエット機能食品」にするのです。これらはたいてい粉状になっており水に溶かして飲むようになっています。

こういったダイエット機能食品は、以前は一食1200円くらいしましたが、今ではいろんなメーカーから発売されており、一食およそ300~400円で買えるようになっています。

ドラッグストアで買えますので、探してみると良いでしょう。

朝・昼・夕のうち、昼・夕の二食を置き換えるのが最も早くダイエットができる方法です。

ただし、問題点が2点だけあります。

それは…。

問題点①

ダイエット機能食品は最低限のカロリーを摂れるだけで、空腹感は満たせません。食事の代わりに、粉を水に溶かして、それを飲んで食事が終わってしまうのですから、あとは空腹感との戦いです

ただ、三日くらい過ぎたあたりからカラダが少しずつ慣れてきます。

はじめの数日間の空腹感を耐えられるかが、勝負の分かれ目です。

問題点②

一日三食のうち二食を置き換えてしまうのは、カロリーが低すぎるためあとでリバウンドする可能性がありますので、注意が必要です。

急に元の食事に戻すのではなく、少しずつ元に食事に戻す必要があります。

僕自身も、以前に体重が80kg以上あったのですが、この「置き換えダイエット」で12kgほどの減量に成功しました。12kgも減ると、顔もかなり変わることに驚きました。

リバウンドもしていません。

ちなみに僕の場合は、はじめは医療用の「オプティファースト」を使い、後半からはアサヒの「SLIM up SLIM」というダイエット機能食品を使用しましたが、他のメーカーのものもさほど中身は変わりませんので、お近くのドラッグストアを見てみると良いでしょう。

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】
東京警察病院医師。
NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。
警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。
日本テレビ「世界一受けたい授業!」のスキンケアの講師や、「美STORY」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。
医療のかたわら、アンチエイジングアイテム専門会社ARGONの開発顧問医も務める。

同社は「ネット直販で、かしこくムダなくアンチエイジング」をモットーに、ドクターズコスメのプライベートブランド版やドクターズサプリの企画開発、およびネット直販を専門としている。

【ARGONのPC用ホームページ】
http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX