日本人の年間の自殺者は3万人以上です。

つまり、一日当たり100人、15分に1人が自殺しているのです。原因はさまざまですが、最も大きな原因として挙げられるのが“うつ病”です。

うつ病は、軽いものから重いものまでいろいろありますが、重症になると夜眠れなくなり、食欲もなくなり、外出さえもできなくなります。

「そこまで重症ではないけど、何となく気分が冴えない…。」くらいの軽い“うつ状態”ならば多くの人が経験あるのではないでしょうか?

 

重症の場合はもちろん精神科を受診する必要がありますが、自分の食生活もふりかえってみましょう。

 

まず、もしかしたらその“うつ”はビタミンC不足が原因となっているかも知れません。

なぜかというと、人間がストレスに打ち勝つためにビタミンCが必要だからです。逆に言えば、ビタミンCが足りなくなるとストレスに弱くなり、うつになることがあると考えられるのです。

実際にビタミンCでうつ病を治療することもあります。

野菜や果物もちゃんと食べていますか?

 

もうひとつ、うつ病と関係しているのが「DHA」です。

イワシやマグロに含まれている、魚の脂ですね。血液サラサラ効果があることで有名です。また、強力な抗酸化物質でもあるため、体のサビつきをおさえるアンチエイジング作用もあります。

実は、このDHAが不足するとうつになりやすくなるというデータがあるのです。

お肉ばかり食べて、魚はあまり食べない…ということはありませんか?

 

食事からこうした成分を摂るのが理想なのは言うまでもありませんが、ビタミンCもDHAもサプリとしても手軽に買えます。どうしても食生活の改善ができない場合は飲んでみても良いでしょう。

 

僕が顧問をしているARGON社の『パーフェクトサプリ』には、ビタミンB群・E・コエンザイムQ10・りんごペクチン・ルテインなどのさまざまな抗酸化物質に加え、ビタミンCDHAも一粒に含んでいます。

 

「食生活は乱れがちだけど、何のサプリを飲んだらいいのかわからない…。」という方におすすめです。

僕自身も6年以上飲まさせていただいています。

(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

 

 

 

澤田彰史 医師

【著者プロフィール】

東京警察病院医師。 NPO法人日本サプリメント評議会評議員、日本抗加齢医学会認定専門医。 警察病院以外の医療機関でも、外科手術から寝たきり老人の訪問診療まで、幅広く医療に従事している。

日テレ「世界一受けたい授業!」、NHK「女神ビジュアル」のなどの番組のほか、「美ST」「日経ウーマン」「夕刊フジ」のアンチエイジングの記事も担当。

また、「賢くむだなく、シンプル・アンチエイジング」をテーマに、ドクターズコスメやサプリのPB版を企画・開発するARGON Co.Ltdの開発顧問医も務める。

ARGON社のホームページ:http://www.argon.jp


The following two tabs change content below.
澤田 彰史

澤田 彰史

著書『ほうれい線は消せる!』(PHP研究所)https://www.php.co.jp/books/ detail.php?isbn=978-4-569- 81899-3
東京警察病院医師、日本抗加齢医学会専門医、 日本形成外科学会専門医、 NPO法人日本サプリメント評議会評議員。 東京警察病院以外にもさまざまな医療機関にて、 美容から寝たきり老人の訪問診療まで幅広く医療に従事。NTV『 世界一受けたい授業』等、テレビ出演多数。
 
関連記事

美容天気TV

BLOOMBOX